武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

|婦人科資料1〜100|婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. 膣炎〜米国産婦人科学会(2011年8月改訂)
  2. 閉経〜米国産婦人科学会(2011年8月改訂)
  3. 閉経後の出血〜米国産婦人科学会(2011年8月改訂)
  4. *骨そしょう症〜米国産婦人科学会2013年
  5. 正しいカルシウムの摂り方
  6. 尿失禁
  7. 淋病、クラミジア感染、梅毒(米国産婦人科学会2011年)(2011年6月改訂)
  8. コレステロールについて
  9. 月経
  10. 月経困難症(米国産婦人科学会患者さん教育用パンフレット2014年)
  11. 月経前症候群2010(2011年3月改訂)
  12. 経口避妊薬〜米国産婦人科学会(患者さん教育用パンフレット2018年) 4/13/3018
  13. 性行痛(米国産婦人科学会2015年)
  14. 異常性器出血(2011年5月改訂)
  15. 無排卵性出血
  16. ニキビの治療(経口避妊薬)
  17. 経口避妊薬使用の不安
  18. 不妊症:診断と治療
  19. 骨盤内の痛み(2011年6月改訂)
  20. ヒトパピローマウイルス(HPV)2010年(2011年4月改訂)
  21. 子宮内膜症〜米国産婦人科学会(2011年8月改訂)
  22. 多のう胞性卵巣症候群〜米国産婦人科学会2011年(2011年8月改訂)
  23. 子宮筋腫(2012年改訂)
  24. 卵巣のう腫
  25. 閉経後の膣炎(萎縮性膣炎)
  26. 葉酸:妊娠を計画したら飲み始めましょう
  27. 性器ヘルペス
  28. 子宮頚部がん検査(2011年5月改訂)
  29. クラミジア感染
  30. 子宮頚部がん検査結果:クラスII
  31. 月経前症候群(2)
  32. 外陰膣カンジダ症
  33. 再発を繰り返す外陰膣カンジダ症
  34. 性交痛
  35. 骨そしょう症の治療薬:SERMs
  36. 子宮頸がん検査結果:クラスIIIa
  37. ホルモン補充療法2006年
  38. 緊急避妊法(2)
  39. 更年期障害の治療:ホルモン補充療法は本当に危険なのでしょうか?(I)
  40. 更年期障害の治療:ホルモン補充療法は本当に危険なのでしょうか?(II)
  41. 更年期障害の治療:経皮的卵胞ホルモン補充療法(絆創膏)
  42. 閉経前後に何が起こるのでしょうか?
  43. 更年期症状の治療(のぼせの治療):大豆イソフラボンについて
  44. のぼせの治療:軽度、中等度、そして高度
  45. おりものの臭いが気になる方:細菌性膣症
  46. 経口避妊薬:副作用
  47. 経口避妊薬:飲み忘れた時(2011年11月改訂)
  48. 経口避妊薬:産褥と授乳をしている女性への使い方
  49. 経口避妊薬:使用に際してどの様な検査が必要か?
  50. 経口避妊薬:乳房の腺のう胞性変化、線維腺腫、または乳がんの家族歴がある女性への使用は乳がんのリスクを増加させるか?

Top

  1. 経口避妊薬:何才まで使用できるか?
  2. 経口避妊薬:子宮筋腫がある女性に対する影響
  3. 経口避妊薬:喫煙女性に対する使用は安全でしょうか?
  4. 経口避妊薬:偏頭痛のある女性に対する使用は安全でしょうか?
  5. 経口避妊薬:慢性高血圧に対する使用は安全でしょうか?
  6. 月経前症候群:特にむくみに対する治療
  7. 月経前症候群:精神的な症状に対する治療
  8. 多毛症:原因と治療
  9. ニキビの治療:女性(II)
  10. 不妊症(II)
  11. 不妊症:どの様な検査を行うか?
  12. 不妊症:診療の前に(生活習慣のアドバイス、など)
  13. 不妊症:性交後試験
  14. 不妊症:妊娠しやすい日
  15. 不妊症:クロミッド(排卵誘発剤)による治療
  16. 不妊症:クロミッドによる治療(II)
  17. 不妊症:原因別治療方法
  18. 不妊症:原因不明の不妊症(クロミッド+人工授精)
  19. 子宮内膜症(II)
  20. 性感染症:予防方法
  21. 多毛症:婦人科的治療(多のう胞性卵巣症候群)
  22. ニキビ:原因と治療
  23. ニキビ:段階的治療方法
  24. ニキビ:経口避妊薬による治療
  25. ニキビ:治療(内服抗菌剤、外用抗菌剤)
  26. ニキビ:治療の新兵器登場
  27. ニキビ:日常生活の注意点
  28. ニキビ:重症度別治療方法(欧米の場合)
  29. 40才代中頃の女性の身体の変化(I)
  30. 40才代中頃の女性の身体の変化(II)
  31. 40才代中頃からの女性:更年期障害の具体的対応
  32. 65才以降の女性:健康の維持
  33. 不妊症:人工授精
  34. 膀胱炎(I)
  35. 膀胱炎(II)
  36. 不妊症:精液検査に関するデータ
  37. のぼせ、発汗、睡眠障害の治療
  38. 閉経:外陰と膣の萎縮の治療
  39. 閉経前後の障害の治療2006年:カナダ産婦人科学会〜(I)のぼせ、発汗
  40. 閉経前後の障害の治療2006年:カナダ産婦人科学会〜(II)睡眠障害
  41. 閉経前後の障害の治療2006年:カナダ産婦人科学会〜(III)体重増加、関節痛と筋肉痛、皮膚の変化、眼の変化、異常子宮出血
  42. 閉経前後の障害の治療2006年:カナダ産婦人科学会〜(IV)精神的変化(うつ、うつ状態、その他)
  43. 閉経前後の障害の治療2006年:カナダ産婦人科学会〜(V)生殖泌尿器
  44. 閉経前後の障害の治療2006年:カナダ産婦人科学会〜(VI)骨そしょう症
  45. 閉経前後の障害の治療2006年:カナダ産婦人科学会〜(VII)ホルモン療法
  46. 閉経前後の障害の治療2006年:カナダ産婦人科学会〜(VIII)まとめ
  47. 尿失禁(過活動膀胱)
  48. 骨そしょう症(II)
  49. 骨盤底筋トレーニング
  50. 産婦人科と漢方医療:千葉大学医学部和漢診療部(漢方医学)関矢助教授作成
|婦人科資料1〜100|婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic