武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300|婦人科資料301〜400 |婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. 睡眠障害の管理:米国家庭医学会2007年
  2. 更年期障害:漢方薬による治療
  3. めまい
  4. 甲状腺の病気と遺伝
  5. 甲状腺の病気シリーズ1.甲状腺の病気
  6. 甲状腺の病気シリーズ2.バセドウ病について
  7. 甲状腺の病気シリーズ3.バセドウ病の薬物療法
  8. 甲状腺の病気シリーズ4.バセドウ病の目の症状
  9. 甲状腺の病気シリーズ5.バセドウ病と妊娠
  10. 甲状腺の病気シリーズ6.橋本病
  11. 甲状腺の病気シリーズ7.甲状腺機能低下症について
  12. 甲状腺の病気シリーズ8.橋本病と甲状腺機能低下症と妊娠
  13. 甲状腺の病気シリーズ9.甲状腺の腫瘤
  14. 貴女の使っているクスリ:エビスタ
  15. 貴女が使っているクスリ:デパス錠
  16. 更年期シリーズ:(VIII)更年期障害の治療(米国国立衛生研究所声明)
    (1)閉経に関連する症状と卵巣の加令の関係
  17. 更年期シリーズ:(VIII)更年期障害の治療(米国国立衛生研究所声明)
    (2)発症時期、持続期間、頻度と程度、そして影響する因子
  18. 更年期シリーズ:(VIII)更年期障害の治療(米国国立衛生研究所声明)
    (3)更年期障害治療の利点と欠点
  19. 更年期シリーズ:(VIII)更年期障害の治療(米国国立衛生研究所声明)
    (4)更年期障害治療で重要なこと
  20. 更年期シリーズ:(VIII)更年期障害の治療(米国国立衛生研究所声明)
    (5)まとめ
  21. 貴女が使っているクスリ:経皮的絆創膏卵胞ホルモン製剤(エストラーナ)
  22. 糖尿病シリーズ:(I)糖尿病
  23. 糖尿病シリーズ:(II)低血糖
  24. 糖尿病シリーズ:(III)血糖指数
  25. 糖尿病スリーズ:(IV)ヘモグロビンA1c
  26. 糖尿病シリーズ:(V)糖尿病全般の詳しい資料
  27. 新しい卵胞ホルモン療法:EstroGel(1)ミシェル教授のコメントと民間の資料
  28. 新しい卵胞ホルモン療法:EstroGel(2)民間資料(米国)
  29. 新しい卵胞ホルモン療法:EstroGel(3)製薬会社の資料から
  30. 新しい卵胞ホルモン療法:EstroGel(4)ミシェル教授提供資料
  31. 貴女が使っているクスリ:パキシル(3)
  32. 膀胱炎再発に悩んでいる方
  33. 貴女の膀胱炎は治っているのでしょうか?:尿検査結果をどう考えるか?
  34. 閉経後の生活に対する私の考え
  35. 更年期シリーズ(XXIII):姿勢平衡感覚の低下と骨折
  36. 骨粗しょう症シリーズ(I):基本的事項
  37. 骨粗しょう症シリーズ(II):骨折を予防する〜転倒予防(1)
  38. 骨粗しょう症シリーズ(III):骨折を予防する〜転倒予防(2)
  39. 骨粗しょう症シリーズ(IV):骨折を予防する〜転倒予防(3)
  40. 骨粗しょう症シリーズ(V):骨折を予防する〜転倒予防(4)
  41. 骨粗しょう症シリーズ(VI):治療薬(フォサマック)(1)
  42. 骨粗しょう症シリーズ(VII):治療薬(フォサマック)(2)
  43. 骨粗しょう症シリーズ(VIII):治療薬(エビスタ)(1)
  44. 骨粗しょう症シリーズ(IX):治療薬(エビスタ)(2)
  45. 骨粗しょう症シリーズ(X):血液検査(貴女の骨はどれくらい強いのか?)
  46. 骨粗しょう症シリーズ(XI): 骨粗しょう症のスクリーニングは何時から始めるべきでしょうか?
  47. 骨粗しょう症シリーズ(XII):副腎皮質ホルモン使用との関係(1)
  48. 骨粗しょう症シリーズ(XIII):骨粗しょう症の危険因子〜貴女は大丈夫ですか?
  49. 骨粗しょう症シリーズ(XIV):カルシウム摂取量〜1日800mgで十分か?
  50. 骨粗しょう症シリーズ(XIV):副腎皮質ホルモン使用との関係(2)

Top

  1. 更年期シリーズ(XXIV):ホルモン療法と乳ガン・卵巣ガン・子宮内膜ガン
  2. ステロイドホルモンとは?
  3. 骨粗しょう症シリーズ(XV):骨粗しょう症の治療薬(簡単な資料)
  4. 骨粗しょう症シリーズ(XVI):高齢の方何才までクスリを使用するか?
  5. 骨粗しょう症シリーズ(XVII):骨粗しょう症治療は何年くらい行うか?
  6. 子宮摘出術後女性の卵胞ホルモン補充療法と乳ガン
  7. 閉経周辺期シリーズ(I):閉経の診断(ホルモン検査で判るか?)
  8. 閉経周辺期シリーズ(II):絆創膏により卵胞ホルモン補充療法(今までの資料のまとめ)
  9. 閉経周辺期シリーズ(III):絆創膏による卵胞ホルモン補充療法と子宮内膜症ガン
  10. 閉経周辺期シリーズ(IV):閉経移行期の変化〜月経、ホルモンの値
  11. 閉経周辺期シリーズ(V):症例集(Patient Careから)
  12. 閉経周辺期シリーズ(VI):メイヨクリニック(1)徴候と症状
  13. 閉経周辺期シリーズ(VII):メイヨクリニック(2)原因、リスク因子
  14. 閉経周辺期シリーズ(VIII):メイヨクリニック(3)何時受診するか?診断、合併症
  15. 閉経周辺期シリーズ(IX):メイヨクリニック(4)治療
  16. 閉経周辺期シリーズ(X):絆創膏による卵胞ホルモン補充療法(2007年10月発行の論文)
  17. 経口避妊薬:何時から飲み始めるか?
  18. 経口避妊薬:何時から飲み始めても良いのです!
  19. 機能性出血(II)
  20. 月経前症候群(眠い!):ミシェル教授のコメント
  21. うつ病のクスリと婦人科の病気:三環系抗うつ剤
  22. 三環系抗うつ剤(1)塩酸ノルトリプチリン(商品名:ノリトレン錠)
  23. 三環系抗うつ剤(2)アミキサピン(商品名:アモキサンカプセル)
  24. 閉経シリーズ(XI):Novakの教科書2007年(1)はじめに
  25. 閉経シリーズ(XII):Novakの教科書2007年(2)のぼせと発汗
  26. 閉経シリーズ(XIII):Novakの教科書2007年(3)膣と外陰の萎縮
  27. 閉経シリーズ(XIV):Novakの教科書2007年(4)性機能障害
  28. 閉経シリーズ(XV):Novakの教科書2007年(5)泌尿器性器の萎縮
  29. 閉経シリーズ(XVI):Novakの教科書2007年(6)骨粗しょう症
  30. 閉経シリーズ(XVII):Novakの教科書2007年(7)心臓血管の病気
  31. 閉経シリーズ(XVIII):Novakの教科書2007年(8)乳ガン
  32. 閉経シリーズ(XIX):Novakの教科書2007年(9)アルツハイマー病
  33. 閉経シリーズ(XX):Novakの教科書2007年(10)ホルモン療法のリスク
  34. 視床下部と下垂体
  35. 貴女が使っているクスリ:ガバペンチン
  36. 流産後の精神状態(うつ病)
  37. ターナー症候群
  38. セロトニン
  39. アドレナリン
  40. SERMs(選択的エストロゲン受容体モジュレーター)
  41. 50歳以降の性交痛〜諦めてはいけません!
  42. 性交障害:性的興奮障害(1)
  43. 性器脱の手術
  44. 子宮内膜
  45. 子宮内膜ポリープ
  46. 子宮内膜ガン
  47. 睡眠薬:ドラール錠
  48. 高コレステロール血症(高脂血症)
  49. バター、マーガリン、それとも低コレステロールマーガリン?
  50. 閉経周辺期シリーズ(XI):更年期障害のある方のホルモン療法は安全です(1)(米国生殖医学学会)
婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300|婦人科資料301〜400 |婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic