武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400 |婦人科資料401〜500|婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. 閉経周辺期シリーズ(XII):更年期障害のある方のホルモン療法は安全です(2)(米国生殖医学学会)
  2. 閉経後の膣・外陰炎:萎縮性膣炎
  3. 糖尿病シリーズ:(VI)食後血糖値とは?
  4. 糖尿病シリーズ:(VII)日常生活のワンポイント
  5. 糖尿病シリーズ:(VIII)尿糖と血糖の関係:尿糖陽性とは?
  6. 妊娠糖尿病(I):米国産婦人科学会患者さん教育用パンフレット
  7. 妊娠糖尿病(II):米国産婦人科学会2005年
  8. 妊娠糖尿病(III):クラスA1とクラスA2の鑑別は重要です
  9. 糖尿病シリーズ(IX):糖尿病性ケトアシドーシス
  10. 貴女が使っているクスリ:メトフォルミン(グリコラン、メルビン)1
  11. 貴女が使っているクスリ:メトフォルミン(グリコラン、メルビン)2
  12. 多のう胞性卵巣症候群:診断
  13. 貴女が使っているクスリ:エストリール膣錠
  14. 閉経期:民間の資料
  15. 乳ガンの危険因子
  16. 乳ガン:自己検診法〜米国国立ガン研究所
  17. ホルモン補充療法:Dr.Yazawaシリーズ(1)卵巣ガン
  18. 卵巣ガンの危険因子
  19. 乳ガン:BRCA1とBRCA2(米国国立ガン研究所の資料)
  20. 卵巣ガン
  21. 子宮内膜ガン
  22. 子宮内膜ガン:危険因子
  23. 閉経時期を予測できるか?
  24. 子宮筋腫の治療方法:集束超音波療法〜最近の海外研究
  25. 子宮筋腫:将来、妊娠を希望する方はどうするか?
  26. 子宮筋腫:将来、妊娠を希望しない方はどうするか?
  27. 排卵と排卵障害〜判り易い図での解説
  28. 排卵と月経が起こる仕組み(1)
  29. 排卵と月経が起こる仕組み(2)
  30. LH-RHテスト
  31. 貴女が使っているクスリ:フルカムカプセル(鎮痛剤)
  32. 子宮頚部ガン
  33. 子宮頚部ガンの危険因子
  34. 性器イボ(尖圭コンジローム)
  35. 胞状奇胎
  36. クラミジア感染症:民間の資料
  37. ブドウ球菌
  38. 黄色ブドウ球菌感染症
  39. 耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)
  40. 耐性黄色ブドウ球菌:Dr.Yazawaの講義
  41. 耐性黄色ブドウ球菌:日本の取り扱い方の疑問点
  42. ペニシリン
  43. エストラーナはどれ位の強さのクスリでしょうか?
  44. 閉経が早く来る危険因子
  45. 子宮肉腫
  46. 妊娠継続をあきらめる(人工妊娠中絶)
  47. 中性脂肪
  48. 貴女が使っているクスリ:ビブラマイシン
  49. 更年期障害を治療すべきか?:(I)睡眠障害、感情障害、うつ病
  50. 閉経後の性生活(12月上旬完成)

Top

  1. 高齢者の運動
  2. 不眠症と睡眠薬の使い方
  3. 子宮頚部ガンワクチン(メルク社)
  4. 貴女が使っているクスリ:メイラックス
  5. ホルモン補充療法:ミシェル教授の講義(I)(絆創膏製剤)
  6. ホルモン補充療法:ミッシェル教授の講義(II)WHIの研究
  7. ホルモン補充療法:ミッシェル教授の講義(III)(HRTの歴史)
  8. ホルモン補充療法:ミシェル教授の講義(IV):乳ガンとの関連
  9. ホルモン補充療法:ミッシェル教授の講義(V):子宮内膜ガン
  10. ホルモン補充療法:ミシェル教授の講義(VI)心臓や血管の病気
  11. ホルモン補充療法:ミッシェル教授の講義(VII)血栓症
  12. ホルモン補充療法:ミッシェル教授の講義(VIII):脳卒中
  13. ホルモン補充療法:ミシェル教授の講義(IX)骨粗しょう症
  14. ホルモン補充療法:ミッシェル教授の講義(X)利点と欠点&まと
  15. 思春期シリーズ(I):初めての産婦人科受診
  16. 思春期シリーズ(II):思春期の月経
  17. 思春期シリーズ(III):避妊方法
  18. 思春期シリーズ(IV):思春期と経口避妊薬(ピル)(1)ピルに対する誤解
  19. 思春期シリーズ(V):思春期と経口避妊薬(ピル)(2)避妊以外の様々な利点
  20. 思春期シリーズ(VI):思春期と経口避妊薬(ピル)(3)ピルの副作用
  21. 思春期シリーズ(VII):思春期と経口避妊薬(ピル)(4)使えない方
  22. 思春期シリーズ(VIII):思春期と経口避妊薬(ピル)(5)使用中止の理由
  23. 思春期シリーズ(IX): 思春期と経口避妊薬(ピル)(6)性感染症
  24. 思春期シリーズ(X): 思春期と経口避妊薬(ピル)(7)どんな検査が必要か?
  25. 思春期シリーズ(XI):思春期と経口避妊薬(ピル)(8)まとめ
  26. 思春期シリーズ(XII):性行為と子宮ガンは密接な関係があります(ヒトパピローマウイルス)
  27. ピルの種類
  28. 思春期シリーズ(XIII):十代の妊娠
  29. 予防医学〜特に更年期以降
  30. 閉経後の女性が受ける定期検査
  31. 貴女が使っているクスリ:マーベロン21
  32. 貴女が使っているクスリ:トリキュラー28
  33. 子宮頚部ガン検査:毎年受けるべきでしょうか?
  34. 子宮頚部ガン検査結果判定
  35. 子宮頚部ガンとヒト・パピローマ・ウィルス
  36. ヒトパピローマウイルス(HPV)の検査
  37. 思春期シリーズ(XIV):10代の正しい避妊方法
  38. 予防接種(小児)
  39. 予防接種(一般)
  40. 思春期シリーズ(XIV):思春期外来
  41. 思春期シリーズ(XV):初潮後の月経
  42. 続発無月経(II)
  43. 原発無月経(II)
  44. 思春期シリーズ(XVI):思春期のホルモン療法
  45. カウフマン療法
  46. 機能性出血(III):「ホルモンのバランスが狂っている」という言葉の解説
  47. 思春期シリーズ(XVII):思春期とは?
  48. 貴女が使っているクスリ:グリコラン(メトフォルミン)
  49. 貴女が使っているクスリ:カバサール
  50. 子宮膣部びらん
婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400 |婦人科資料401〜500|婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic