武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600|婦人科資料601〜700|婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. 出生前診断:佐藤孝道氏の言葉
  2. 出生前診断:遺伝検査
  3. 出生前検査:母体血清マーカー検査I(佐藤孝道氏)
  4. 出生前診断:日本の大施設での方法
  5. 出生前検査:クアトロテスト(企業の案内資料)
  6. 出生前胎児染色体異常スクリーニング(米国産婦人科学会2007年)
  7. ホルモン補充療法の効果
  8. 更年期、閉経の診断
  9. ホルモン補充療法(絆創膏とクリーム)2008年
  10. 超音波検査による尿漏れの診断(中田真木先生)
  11. 無症候性細菌
  12. 排尿とは?
  13. 貴女が使っているクスリ:アリミデックス(アロマターゼ阻害剤)
  14. 排尿回数が多くて困っている方(過活動膀胱)(2)
  15. 花粉症と尿漏れ
  16. 骨盤底トレーニング(2)
  17. 骨盤底トレーニング:基本編
  18. 骨盤底トレーニング:応用編
  19. 膀胱訓練
  20. 性感染症とは何か?
  21. クラミジア感染症(2)
  22. 抗体とは?
  23. クラミジア・トラコマチス抗体IgA・IgG(1)
  24. クラミジア・トラコマチス抗体IgA・IgG(2)医師向け雑誌より
  25. 閉経後のホルモン療法の適切な治療期間:(1)閉経〜60才
  26. 生食水注入経膣超音波検査
  27. 産婦人科検査、処置と手術と予防的抗生物質使用
  28. 尿失禁(III)
  29. パッドテスト
  30. 血尿
  31. ホルモン補充療法を5年以上行った場合の利点と欠点
  32. ホルモン療法の利点と欠点:60才代
  33. 骨粗しょう症:関連がある婦人科疾患
  34. 骨粗しょう症:甲状腺の病気のある方
  35. 骨粗しょう症:甲状腺の病気のある方(II)
  36. 骨粗しょう症:骨の構造
  37. 骨粗しょう症:更年期以降に何故増加するのでしょうか?
  38. カルシウムの多い食品(2)
  39. 骨粗しょう症の用語:資料を読む際にご利用下さい
  40. 骨粗しょう症(3)
  41. 骨粗しょう症:糖尿病の方は危険度が高いのでしょうか?
  42. 甲状腺の病気
  43. 甲状腺機能亢進症(2)
  44. 甲状腺機能低下症(2)
  45. 甲状腺炎
  46. 骨粗しょう症:糖尿病との関係(2)
  47. 骨粗しょう症:まとめ(2)
  48. 骨粗しょう症:アリミデックス、フェマーラ(アロマターゼ阻害薬)(乳ガン治療薬)
  49. 骨粗しょう症:ノルバテックス(タモキシフェン)(乳ガン治療薬)
  50. 尿路感染症:膀胱炎(中田 真木先生論文)

Top

  1. 尿路感染症(1)
  2. 尿路感染症:尿道炎
  3. 尿路感染症:膀胱炎
  4. 尿路感染症:腎盂炎
  5. 尿路感染症:米国産婦人科学会2008年(1)
  6. 尿路感染症:米国産婦人科学会2008年(2)
  7. 尿路感染症:閉経後(1)
  8. 尿路感染症:閉経後(2)
  9. 尿路感染症:若い女性
  10. 尿路感染症:妊娠中
  11. 尿路感染症:再発を繰り返す方
  12. 尿路感染症:治療方法
  13. 人工妊娠中絶
  14. クラミジア感染症:血液検査結果の判定の仕方
  15. 性器クラミジア感染症(3):女子高校生の7人に1人がかかっています
  16. クラミジア感染症:危険因子
  17. クラミジア感染症:高校生の感染率
  18. クラミジア感染症のスクリーニング:米国予防医療サービス特別委員会の勧告
  19. クラミジア感染症:米国産婦人科学会の勧告2007年
  20. 思春期のクラミジア感染症:米国産婦人科学会2008年(1)
  21. 思春期のクラミジア感染症:米国産婦人科学会2008年(2)
  22. 思春期のクラミジア感染症:米国産婦人科学会2008年(3)
  23. クラミジア感染症:クラミジアIgA抗体の意味〜川名 尚教授の論文から
  24. 感度(sensitivity)と特異度(specificity)
  25. 前立腺ガン早期発見(ご主人に是非読んで頂いて下さい)
  26. 米国予防医療サービス(USPF)特別委員会勧告:性感染症などの各種感染症〜検査を誰が受けるべきか?
  27. フォサマックと顎骨壊死
  28. 人工授精(II)
  29. ホルモン補充療法に対する誤解
  30. 卵胞ホルモン単独補充療法:子宮摘出後の女性
  31. 頭痛(II)
  32. 無月経は放っておいてよいのでしょうか?(II)
  33. 無月経は放っておいてよいのでしょうか?(III)
  34. 無月経は放っておいて良いでしょうか?(IV)
  35. 無月経は放っておいて良いでしょうか?(V)思春期(1)
  36. 無月経は放っておいて良いでしょうか?(V)思春期(2
  37. 無月経は放っておいて良いでしょうか?(VI)
  38. 無月経は放っておいて良いでしょうか?(VII)
  39. 更年期障害〜どこまでが更年期障害なのでしょうか?「めまい」を考える(1)
  40. 更年期障害〜どこまでが更年期障害なのでしょうか?「めまい」を考える(2)
  41. 卵胞ホルモンと黄体ホルモンを内服したホルモン補充療法を中止しても、ホルモン補充療法のリスクは続くのでしょうか?
  42. 更年期症状:どういう症状があるか?そして、治療効果は?
  43. 30才代で「自分は更年期障害ではないか?」と心配する方
  44. 65才で「更年期障害ではないか?」と心配する方
  45. 閉経期シリーズ(XXI):うつ病(II)
  46. 閉経周辺期と男性ホルモン
  47. 外陰部のかゆみ(II)
  48. 夜間多尿:夜、尿が近い
  49. 排尿に関係する心配事
  50. 子宮頚部ガン細胞診検査の8人に1人がクラスIIです
婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600|婦人科資料601〜700|婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic