武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000|婦人科資料1001〜1100|婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. 閉経:よくある質問(米国女性健康省&北米閉経学会)
  2. 凝固・線溶系
  3. 止血の仕組み
  4. 血栓塞栓症
  5. 卵巣のう腫〜閉経後の取り扱い方
  6. 卵巣のう腫(III)
  7. 骨そしょう症:女性ホルモンとの関係
  8. 乳がんのハイリスク因子(II)
  9. タモキシフェン(ノルバテックス)と子宮がん
  10. ホルモン補充療法2008年(日本)
  11. 閉経から15年後のホルモン療法開始(WISDOM試験)
  12. ホルモン補充療法と最新医療:日本民間企業作成資料(2008年)
  13. 卵巣がんとCA125卵巣がんとCA125
  14. ホルモン補充療法:開始にあたって子宮内膜生検を行うべきか?
  15. 家族性乳がん:BRCA1とBRCA2変異の日本人女性の頻度
  16. 家族性乳がん:BRCA1とBRCA2遺伝子変異保有の危険因子
  17. にきびに対する経口避妊薬療法(民間の資料)
  18. 閉経と睡眠
  19. 子宮頚部がんに関する基本的な疑問
  20. 子宮頚部がん検診
  21. 子宮頚部がんの診断
  22. 子宮頚部がん:治療
  23. 子宮頚部がんと子宮体部がん(子宮内膜がん)の違い
  24. 貴女が使っているクスリ:メノエイドコンパッチ
  25. ホルモン補充療法:中用量のピルを使用してはいけません
  26. 女性の抜け毛とホルモン
  27. 女性の抜け毛とホルモン(II)
  28. 閉経後の定期健診:特にがんの検査体
  29. 低用量ピル
  30. バリア避妊
  31. デポ・プロベラ〜避妊用注射
  32. 過排卵刺激(Superovulation)
  33. 機能性卵巣のう腫
  34. 子宮内膜症の治療〜クスリによる治療
  35. 子宮内膜症の治療〜クスリによる治療(II)
  36. 貴女が使っているクスリ〜ディナゲスト(子宮内膜症のクスリ)
  37. 貴女が使っているクスリ〜ディナゲスト(子宮内膜症のクスリ)(II)
  38. 貴女が使っているクスリ〜ディナゲスト(子宮内膜症のクスリ)(III)
  39. 貴女が使っているクスリ〜ディナゲスト(子宮内膜症のクスリ)説明と同意
  40. ミニピル(合成黄体ホルモン単独ピル)
  41. ミニピル(合成黄体ホルモン単独ピル)〜副作用
  42. プロゲスチン(合成黄体ホルモン)の種類
  43. 経口避妊薬の種類
  44. 経口避妊薬の選び方
  45. 経口避妊薬〜使用中の不正出血
  46. 乳がん〜ホルモン受容体
  47. 乳がん〜術後のホルモン療法
  48. 乳がん術後の性生活
  49. 精液検査(II)2011年(New
  50. 精液検査:最新精子特性分析装置

Top

  1. 月経が起こる仕組み(I)
  2. 月経が起こる仕組み(II)〜性成熟女性のホルモンの変化
  3. 月経が起こる仕組み(III)〜FSHとLH
  4. 月経が起こる仕組み(IV)〜フィードバック現象
  5. 月経が起こる仕組み(V)〜LHサージ
  6. 月経が起こる仕組み(VI)〜排卵期出血(中間期出血)
  7. 月経の起こる仕組み(VII)〜機能性出血
  8. 月経が起こる仕組み(VIII)〜続発性無月経
  9. 月経が起こる仕組み(IX)〜月経異常
  10. 月経が起こる仕組み(X)〜消退出血と破綻出血
  11. 月経が起こる仕組み(XI)〜月経に伴う苦痛(月経前症候群と月経困難症)
  12. 月経が起こる仕組み(XII)〜まとめ
  13. 続発性無月経(I)〜視床下部性無月経&下垂体性無月経
  14. 続発性無月経(II)〜診断
  15. 続発性無月経(III)〜治療
  16. 早発閉経の方の卵胞ホルモン補充療法2009年
  17. 第一度無月経と第二度無月経
  18. 貴女が使っている薬〜プリンペラン
  19. 卵胞ホルモン補充療法〜経皮的療法が内服療法より勝っています
  20. 合成生体同様ホルモン(II)〜フィト エストロゲン
  21. チョコレートのう胞〜悪性化(III)
  22. チョコレートのう胞〜診断と治療2008年
  23. チョコレートのう胞の治療〜日本産婦人科学会
  24. CA125が上昇する理由
  25. 子宮頚部がん検診指針の素案〜ヒトパピローマウイルス(HPV)検査の役割
  26. 乳頭から分泌物が出た時〜日本産婦人科医会研修ノート
  27. 乳首から血や膿がでた時〜民間の資料
  28. 子宮頚部がん検査〜最初の性交から3年経ったら1年に1回は必要
  29. 子宮頚部がん検診の問題点(I)〜20歳代の方達の受診率をもっと高く
  30. 子宮頚部がん検診の問題点(II)〜医師の勧めで受ける方が半分以上
  31. 子宮肉腫(III)
  32. 子宮肉腫(IV)
  33. 遺伝性がん
  34. 遺伝性婦人科がんのリスク予測
  35. 家族性卵巣がん
  36. 大腸がんと子宮内膜がん
  37. 大腸がんの遺伝リスク
  38. 遺伝性非ポリポーシス性大腸がん(HNPCC)
  39. 乳がん検診
  40. 乳がんの基礎知識
  41. 乳房良性腫瘍
  42. 片頭痛(III)
  43. 片頭痛(IV)
  44. 貴女が使っている薬〜イミグラン(片頭痛の薬)
  45. 骨粗しょう症〜日本骨粗しょう症学会が推奨する骨代謝マーカー(2004年度)
  46. 骨粗しょう症〜骨代謝マーカー(I)
  47. 骨粗しょう症〜骨の吸収を調べる検査(NTX)(II)
  48. 骨粗しょう症〜治療中の検査(主にNTX)
  49. 貴女が使っている薬〜メノエイドコンビパッチ(I)
  50. 貴女が使っている薬〜メノエイドコンビパッチ(II)
婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000|婦人科資料1001〜1100|婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic