武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100|婦人科資料1101〜1200|婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. 冷え性と漢方医療
  2. BRCA1遺伝子とBRCA2遺伝子
  3. 線維筋痛症〜治療(2009年)
  4. 貴女が使っている薬〜トリプタノール(線維筋痛症に有効)
  5. 閉経後出血〜経膣超音波検査は大切で有用な検査です(米国産婦人科学会委員会見解2009年)
  6. 貴女が使っている薬〜エストリオール(飲み薬)(I)
  7. 貴女が使っている薬〜エストリオール(飲み薬)(II)全く安全なのか?
  8. 貴女が使っている薬:ウェルナーラ配合錠
  9. 骨粗しょう症〜管理2009年(米国家庭医学会)
  10. 乳がん〜検診(まとめ)
  11. 乳がん〜抗がん剤療法後の無月経(I)
  12. ホルモン補充療法〜乳がんのリスクが増えるか?
  13. ホルモン補充療法〜中止後に乳がんが急激に減少
  14. ホルモン補充療法と乳がん〜使用する黄体ホルモン製剤の種類が違うと乳がんリスクは変わるか?ミシェル教授の講義2008年
  15. ホルモン補充療法と乳がん〜使用する黄体ホルモン製剤では、天然型プロゲステロンが最も安全
  16. ホルモン補充療法と乳がん〜2年間の使用なら、安全です
  17. ホルモン補充療法と乳がん〜日本の研究に対する疑問(本当に日本人では、乳がんリスクは増加しないのでしょうか)
  18. 貴女が使っている薬〜エストリオール(II)本当に安全でしょうか?(2012年12月改訂)
  19. 排卵誘発剤〜卵巣がんは増えない、という研究
  20. 閉経期のホルモン療法[メイヨクリニック(米国)](I)〜ホルモン療法は貴女に適しているのでしょうか?
  21. 閉経期のホルモン療法[メイヨクリニック(米国)](II)〜のぼせの不快感を最小にする方法
  22. 未定
  23. ホルモン療法2009年〜ミシェル教授の講義(I)研究の信頼度とホルモン療法の歴史
  24. ホルモン療法2009年〜ミシェル教授の講義(II)利点と欠点(1)
  25. ホルモン療法2009年〜ミシェル教授の講義(III)心臓と血管の病気に対する影響
  26. ホルモン療法2009年〜ミシェル教授の講義(IV)乳がん
  27. ホルモン療法2009年〜ミシェル教授の講義(V)骨粗しょう症
  28. ホルモン療法2009年〜ミシェル教授の講義(VI)死亡率
  29. ホルモン療法2009年〜ミシェル教授の講義(VII)どの方法を採用するか?(1)
  30. ホルモン療法2009年〜ミシェル教授の講義(VIII)どの方法を採用するか(2)
  31. ホルモン療法2009年〜ミシェル教授の講義(IX)利点と欠点(2)
  32. ホルモン療法2009年〜ミシェル教授の講義(X)まとめ
  33. 閉経前予防的両側卵巣摘出術
  34. 合成生体同様ホルモン
  35. ホルモン療法2009年〜ミシェル教授のコメント:(1)極少量のエストラジオール使用では、黄体ホルモンは不要
  36. ホルモン療法2009年〜ミシェル教授の処方例
  37. ホルモン療法2009年〜日本の方法に対する疑問
  38. 閉経前の異常子宮出血〜定義、検査
  39. 閉経後の異常子宮出血〜治療
  40. 閉経期の問題[メイヨクリニック(米国)]〜閉経後の体重増加
  41. 閉経周辺期の体重の変化〜北米閉経学会
  42. ホルモン療法2009年〜持続的療法(1)何故、持続的療法が使用されるのか?
  43. ホルモン療法2009年〜持続的療法(2)無月経が利点
  44. ホルモン療法2009年〜持続的療法(3)有効性
  45. ホルモン療法2009年〜持続的療法(4)(まとめ)
  46. 原発性卵巣機能不全症(早発閉経 )の検査と治療2009年
  47. 貴女が飲んでいる薬〜マイスリー(副作用)
  48. 更年期、閉経医療:北米閉経学会2007年(25)〜歯と口腔内の変化
  49. 口渇(dry mouth)〜対応策
  50. 女性泌尿器科〜過活動膀胱(1)尿が近い、尿が我慢できない、時々尿漏れ

Top

  1. 女性泌尿器科〜過活動膀胱(2)排尿の仕組み
  2. 女性泌尿器科〜過活動膀胱(3) 症状、頻度、原因、検査
  3. 女性泌尿器科〜過活動膀胱(4)過活動膀胱症質問票(OABSS)
  4. 女性泌尿器科〜過活動膀胱(5)受診から診断まで
  5. 女性泌尿器科〜過活動膀胱(6)診断
  6. 女性泌尿器科〜過活動膀胱(7)治療
  7. 女性泌尿器科〜過活動膀胱(8)様々な症例(I)
  8. 女性泌尿器科〜過活動膀胱(9)様々な症例(II)
  9. 女性泌尿器科〜過活動膀胱(10)様々な症例(III)
  10. 貴女が使っている薬〜ベシケア(過活動膀胱の薬)
  11. ホルモン療法2009年〜内服か?経皮療法か?
  12. 女性泌尿器科〜トイレが近くて、我慢できない(過活動膀胱)
  13. 女性泌尿器科〜過活動膀胱(総合的解説)
  14. 女性泌尿器科〜過活動膀胱(よくある質問)
  15. 女性泌尿器科〜過活動膀胱のクスリ(ベシケア)の効果と副作用
  16. 女性泌尿器科〜膀胱炎(ガイドライン外来診療2008)
  17. 異常子宮出血〜薬物治療
  18. 異常子宮出血〜年代別治療
  19. 異常子宮出血〜治療(まとめ)
  20. 閉経前異常子宮出血〜(2)検査
  21. 貴女が使っているクスリ〜ピレチア錠
  22. 更年期女性に関連した高血圧〜日本高血圧学会2009年
  23. ホルモン補充療法と乳がん〜使用する黄体ホルモン製剤の種類が違うと乳がんリスクは変わるか?(II)
  24. 閉経後ホルモン療法〜どの薬を使用するか(I)卵胞ホルモン製剤
  25. 閉経後ホルモン療法〜どの薬を使用するか(II)プロゲスチン製剤
  26. 閉経後ホルモン療法〜どの薬を使用するか(III)出血が起こった場合
  27. ホルモン療法と乳がん〜使用する黄体ホルモン製剤の種類が違うと乳がんリスクは変わるか(III)
    閉経周辺期のホルモン療法と乳がんとの関係(英国の大規模研究2008年)
  28. 閉経周辺期のホルモン療法〜黄体ホルモンの影響(III)
  29. 貴女の出血の原因と治療〜機能性出血
  30. カルシウム
  31. 骨そしょう症(III)
  32. 続発性無月経の管理〜黄体ホルモン療法
  33. 閉経後ホルモン療法〜経皮製剤の有効性と安全性(症例)
  34. 閉経周辺期の黄体ホルモン療法と乳がん(IV)
  35. 閉経周辺期のホルモン療法:乳がんリスクを減少させるための工夫
  36. 閉経周辺期のホルモン療法〜証拠に基く医療2009年(I)
  37. 閉経周辺期のホルモン療法〜証拠に基く医療2009年(II)
  38. 閉経周辺期のホルモン療法〜証拠に基く医療2009年(III)
  39. 更年期、閉経医療:北米閉経学会2007年(25)〜卵胞ホルモンー黄体ホルモン併用療法(具体的方法の種類)
  40. 危険因子〜骨そしょう症、乳がん、子宮内膜がん
  41. 閉経後骨そしょう症.
  42. 骨そしょう症:どのように診断するのでしょうか
  43. 骨そしょう症の治療〜ビタミンD
  44. 貴女が使っている薬:エストリール膣錠(II)
  45. 経口避妊薬使用中の出血:原因と対応(I)
  46. 経口避妊薬使用中の出血:原因と対応(II)
  47. 経口避妊薬使用中の出血:原因と対応(III)
  48. 経口避妊薬〜卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合の違いの意味
  49. 経口避妊薬〜一相性ピルと多相性ピル
  50. 閉経周辺期:ホルモン療法2009年(ミシェル教授:質問と答)

Top

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100|婦人科資料1101〜1200|婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic