武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200|婦人科資料1201〜1300|婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. 閉経周辺期:ホルモン療法2009年(ミシェル教授:推奨するホルモン療法)
  2. 貴女が使っている薬〜ベルセナクリーム(尖圭コンジローマの薬)(I)
  3. 貴女が使っている薬〜ベルセナクリーム(尖圭コンジローマの薬)(II)
  4. 貴女が使っている薬〜ベセルナクリーム(尖圭コンジローマの薬)(III)副作用
  5. 貴女が使っている薬〜ベルセナクリーム(尖圭コンジローマの薬)(IV)米国資料
  6. 貴女が使っている薬〜ベルセナクリーム(尖圭コンジローマの薬)(V)米国資料(医師向け)
  7. 貴女が使っている薬〜ベセルナクリーム(尖圭コンジローマの薬)(VI)(有効性、安全性)
  8. 月経を人工的に移動する方法(II)
  9. 貴女が使っている薬〜ソランタール(消炎鎮痛剤)
  10. 婦人科検診〜内診と子宮頚部がん細胞診は必ず必要ですか?(米国産婦人科学会2009年)
  11. 子宮頚部がんスクリーニングを何歳まで行えば良いのでしょうか?(米国産婦人科学会2009年)
  12. 経口避妊薬飲み忘れ(II)
  13. 貴女が使っている薬〜ジスロマック
  14. 貴女が使っている薬〜ジスロマックシロップ
  15. 貴女が使っている薬〜アズノール軟膏
  16. 貴女が使っている薬〜プロペト
  17. 貴女が使っている薬〜タリビット
  18. 子宮内膜症〜チョコレートの悪性化(IV)
  19. 子宮内膜症〜不妊診療との関係2009年
  20. 閉経と骨粗しょう症最新情報:カナダ産婦人科学会2009年(I)勧告と推奨
  21. 閉経と骨粗しょう症最新情報:カナダ産婦人科学会2009年(II)気分障害
  22. 閉経と骨粗しょう症最新情報:カナダ産婦人科学会2009年(III)健康的な生活様式
  23. 閉経と骨粗しょう症最新情報:カナダ産婦人科学会2009(IV)のぼせと発汗
  24. 閉経と骨粗しょう症最新情報:カナダ産婦人科学会2009年(V)心臓と血管の病気
  25. 閉経と骨粗しょう症最新情報:カナダ産婦人科学会2009年(VI)ホルモン療法と乳がん
  26. 閉経と骨粗しょう症最新情報:カナダ産婦人科学会2009年(VII)性器と泌尿器の問題
  27. 閉経と骨粗しょう症最新情報:カナダ産婦人科学会2009年(VIII)骨粗しょう症
  28. 萎縮性膣炎(II)
  29. 未定
  30. 貴女が使っている薬〜非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)
  31. 貴女が使っている薬〜NSAIDs(非ステロイド性抗炎症剤)分類と特徴
  32. 貴女が使っている薬〜ガスター
  33. 貴女が使っている薬〜セレコックス
  34. 貴女が使っている薬〜セレコックス(II)
  35. 子宮膣部びらん
  36. 子宮頚部がん〜若い女性のパピローマウイルス(HPV)感染の危険因子
  37. 子宮頚部がん〜若い女性のパピローマウイルス(HPV)感染の経過
  38. 子宮頚部がん〜ワクチンで70%は予防できる唯一のがんです(I)
  39. 子宮頚部がん〜〜ヒトパピローマウイルスについて(米国国立がん研究所)
  40. 子宮頚部がん〜正常から子宮頚部がんになるまで
  41. 子宮頚部がん〜検査受診率(日本の異常な低さ)(I)
  42. 子宮頚部がん〜検査受診率(日本の異常な低さ)(II)
  43. 子宮頚部がん〜ワクチンで70%は予防できます(II)
  44. 子宮頚部がん〜若い女性では増えているのでしょうか?(I)
  45. 子宮頚部がん〜若い女性では増えているのでしょうか?(II)
  46. 乳がん〜超音波によるスクリーニングの信頼度(I)
  47. 乳がん〜超音波によるスクリーニングの信頼度(II)
  48. 子宮頚部がん〜子宮頚部がんとHSVワクチン〜既にHPV感染があった若い女性に接種できますか?
  49. 子宮頚部がんとHPVワクチン〜効果と問題点
  50. 子宮頚部がんとHPVワクチン〜子宮頚部がんとHPVワクチン〜12歳女子生徒への接種の効果(英国)

Top

  1. パピローマウイルス〜感染率
  2. 卵巣がんの診断〜超音波検査とCA125
  3. 貴女が使っている薬〜ボノテオ錠(骨粗しょう症の治療薬)(I)
  4. 貴女が使っている薬〜ボノテオ錠(骨粗しょう症の治療薬)(II)
  5. 骨粗しょう症〜骨折の頻度
  6. 骨粗しょう症〜日本人の骨折の特徴:大腿骨より脊椎骨
  7. 卵胞ホルモン療法〜経皮製剤の安全性
  8. 子宮内膜症〜安易な診断と高価な治療に対する懸念
  9. 性器の形〜小陰唇肥大
  10. 不妊診療〜クロミッド+人工授精(I)
  11. 不妊診療〜クロミッド+人工授精(II)
  12. 不妊診療〜クロミフェン+人工授精(III)武久レディースクリニックの方法
  13. 閉経後ホルモン療法〜各国の比較
  14. 日常生活の留意点(I)年令、妊娠し易い日、性交回数(米国生殖医療学会2008年)
  15. 不妊診療:日常生活の留意点(II)排卵日の予測(米国生殖医療学会2008年)
  16. 不妊診療:日常生活の留意点(III)性交の方法、生活様式(米国生殖医療学会2008年)
  17. 不妊診療:日常生活の留意点(IV)〜要約と推奨(米国生殖医療学会2008年)
  18. 年令と不妊の関係(米国生殖医療学会2008年)
  19. 精液検査〜SMI(精子自動性指数)
  20. 経口避妊薬:血栓症〜ミシェル教授の講義
  21. 経口避妊薬:血栓症〜日本の民間の資料
  22. 経口避妊薬:血栓症〜どの様な検査を行うか?(日本産婦人科学会)
  23. 経口避妊薬:乳がん〜どの様な検査を行うか?(日本産婦人科学会)
  24. 閉経周辺期〜診断、更年期障害、治療(米国生殖医療学会2008年)(1)診断
  25. 閉経周辺期〜診断、更年期障害、治療(米国生殖医療学会2008年)(2)更年期障害、治療
  26. 閉経後ホルモン療法2009年(米国生殖医療学会委員会見解)(1)閉経後症状の治療
  27. 閉経後ホルモン療法2009年(米国生殖医療学会委員会見解)(2)骨粗しょう症、骨折の予防
  28. 閉経後ホルモン療法2009年(米国生殖医療学会委員会見解)(3)副作用(I)乳癌
  29. 閉経前後のホルモン療法〜開始の前に2009年
  30. 腹腔鏡下子宮全摘出手術〜合併症
  31. 腹腔鏡下子宮全摘出手術〜民間の資料
  32. 子宮筋腫〜何時手術を行うか(1)子宮肉腫との鑑別
  33. 子宮筋腫〜何時手術を行うか(2)過多月経
  34. 閉経後ホルモン療法2009年(米国生殖医療学会委員会見解)(4)副作用(子宮内膜がん)
  35. 子宮内膜ポリープ(II)〜悪性の頻度
  36. 閉経後女性の厚い子宮内膜の原因
  37. 貴女が使っている薬〜バストミンの安全性と有効性
  38. 乳がん〜アロマターゼ阻害剤使用中の萎縮性膣炎(I)
  39. 乳がん〜アロマターゼ阻害剤使用中の萎縮性膣炎(II)ミシェル教授のコメント
  40. 乳がん〜アロマターゼ阻害剤使用中の萎縮性膣炎(III)
  41. 乳がん〜治療歴のある女性の萎縮性膣炎に局所女性ホルモン療法は危険ですか?:オーストラリアの研究(I)
  42. 乳がん〜治療歴のある女性の萎縮性膣炎に卵胞ホルモン膣剤療法は危険ですか?:オーストラリアの研究(II)
  43. 乳がん〜治療歴のある女性の萎縮性膣炎に卵胞ホルモン膣剤療法は危険ですか?:オーストラリアの研究(III)考察
  44. 乳がん:術後補完療法中の萎縮性膣炎に対する卵胞ホルモン療法は安全か?
    〜最新総説2008年(I)正常閉経の泌尿器・性器萎縮
  45. 乳がん:術後補完療法中の萎縮性膣炎に対する卵胞ホルモン療法は安全か?
    〜最新総説2008年(II)非乳がん患者さんの治療
  46. 乳がん:術後補完療法中の萎縮性膣炎に対する卵胞ホルモン療法は安全か?
    〜最新総説2008年(III)乳がん患者さんの泌尿器性器症状の頻度
  47. 乳がん:術後補完療法中の萎縮性膣炎に対する卵胞ホルモン療法は安全か?
    〜最新総説2008年(IV)卵胞ホルモン療法
  48. 乳がん:術後補完療法中の萎縮性膣炎に対する卵胞ホルモン療法は安全か?
    〜最新総説2008年(V)乳がん患者さんの泌尿器・性器症状治療の難しさ
  49. 乳がん:術後補完療法中の萎縮性膣炎に対する卵胞ホルモン療法は安全か?
    〜最新総説2008年(VI)まとめ
  50. 乳がん:卵胞ホルモン膣内製剤療法〜方法と有効性

Top

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200|婦人科資料1201〜1300|婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic