武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400|婦人科資料1401〜1500|婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. 乳がん〜治療による卵巣機能障害
  2. 乳がん〜萎縮性膣炎の治療(UpToDate)
  3. 乳がん〜タモキシフェン対アロマターゼ阻害剤
  4. 乳がん〜タモキシフェン(ノルバデックス)内服と子宮内膜がんのリスク
  5. 閉経後ホルモン療法〜泌尿器・性器萎縮の治療(エストリオール製剤)
  6. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2009年)(1)頻度、診断
  7. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2009年)(2)原因、症状、鑑別診断
  8. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2009年)(3)2型糖尿病発症のリスク
  9. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2009年)(4)長期的影響(心血管系の病気)
  10. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2009年)(5)妊娠を希望しない場合の管理(月経異常)
  11. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2009年)(6)妊娠を希望しない場合の管理(心血管系の病気と糖尿病の予防)
  12. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2009年)(7)妊娠を希望する場合(排卵誘発の方法)
  13. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2009年)(8)多毛症
  14. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2009年)(9)多毛症(併用補助療法)
  15. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2009年)(10)まとめ(推奨と結論)
  16. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2009年)(11)必要検査
  17. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2009年)(12)鑑別診断
  18. 多のう胞性卵巣症候群〜思春期女性(英国産婦人科学会雑誌2010年)
  19. 閉経後ホルモン療法〜泌尿器・性器萎縮(エストリオール)
  20. チョコレートのう胞の悪性化(IV)(日本産婦人科学会雑誌2009年)
  21. 閉経後脂質異常症
  22. 閉経と抜け毛
  23. 子宮頚部がんワクチン〜27歳以上の女性では無効なのでしょうか?
  24. 骨粗しょう症〜FRAX(骨折のリスクを調べる機器)の利用の仕方
  25. 骨粗しょう症〜FRAXの利用方法(II)
  26. 乳がん〜のぼせの治療(パキシル使用は注意)
  27. 貴女が使っている薬〜プラノバール(中用量ピル)
  28. 貴女が使っている薬〜フェミエスト
  29. 貴女が使っている薬〜フェミエスト(II)
  30. 骨粗しょう症〜治療を5年間で止められるのでしょうか?(II)
  31. 骨粗しょう症〜フォサマックを長期間使用できますか?
  32. 更年期障害〜ホルモン療法以外の治療方法
  33. 肺炎球菌ワクチン〜厚生労働省2009年10月
  34. 骨粗しょう症〜フォサマック使用と顎の骨の壊死(I)
  35. 骨粗しょう症〜フォサマック使用と顎の骨の壊死(II)
  36. 卵胞ホルモン療法と乳がん
  37. 卵巣がん〜検診で早期卵巣がんを見つけられるのでしょうか?
  38. 子宮内膜症〜チョコレートのう胞の悪性化(IV)
  39. 多のう胞性卵巣症候群 2008年(日本)
  40. 思春期早発症(precocious puberty)(V)
  41. 思春期シリーズXXXXII:体重減少を伴う無月経
  42. 思春期遅発症(delayed puberty)
  43. イソフラボン〜安全性
  44. 乳がん〜40才代のマンモグラフィー検診の間隔(2009年)
  45. 子宮頸がん〜検診は2年に1回で良いのでしょうか?米国産婦人科学会2009年
  46. 子宮頸がん〜自然史(初めての性行為から発症まで)
  47. 乳がん〜卵胞ホルモン療法(米国産婦人科学会2005年)
  48. 更年期障害:のぼせの治療〜抗うつ剤
  49. ホルモン補充療法中の出血
  50. 乳がん〜大豆製品の影響

Top

  1. のぼせや夜間の発汗がある女性の死亡率は高くなるのでしょうか?〜The Rancho Bernardo Study
  2. 子宮頸部がんワクチン.Q&A
    質問32.(細胞診でIIIaですが、HPVワクチンの接種を受けられますか?)の答が1つ加わりました。
  3. 子宮頸がんワクチン(ガーダシル)〜妊娠中に接種した場合の妊娠結果
  4. 子宮頸がんワクチン(サーバリックス)〜3回接種すれば、一生有効なのですか?
  5. 子宮頸がんと予防ワクチンについて〜お子さんと保護者の方
  6. 子宮頸がんと予防ワクチンについて〜成人女性の方
  7. 卵胞ホルモン補充療法〜日本で使用できる方法
  8. 子宮内膜症〜どの様に診断し、治療するか(米国医学生教育プログラム)
  9. 子宮内膜症〜薬による治療
  10. 子宮内膜症〜思春期女性(I)米国産婦人科学会
  11. 閉経移行期〜コレステロール値の変化
  12. アロマターゼ阻害剤〜婦人科医療での役割
  13. 子宮頸がんワクチン(サーバリックス)〜副反応
  14. HPVワクチン(サーバリックス)〜副反応(II)
  15. HPVワクチン(ガーダシル)II
  16. 閉経後女性のホルモン補充療法〜子宮内膜がんのリスク(周期的療法 vs 持続的療法)
  17. 子宮内膜症〜思春期女性(II)UpToDate
  18. 思春期女性の下腹痛と子宮内膜症〜検査と治療をどの様に進めるか?(米国産婦人科学会)
  19. 更年期障害〜精神的不調
  20. 子宮頸がん〜正常からがんになるまでの組織の変化
  21. 子宮頸がん検査(米国産婦人科学会2009年)〜(3)何歳から検査を始めるか?
  22. 子宮頸がん検査(米国産婦人科学会2009年)〜(4)何歳まで検診を続けるか?
  23. 子宮頸がん検査(米国産婦人科学会2009年)〜(5)子宮全摘出手術後は不要か?
  24. 子宮頸がん検査(米国産婦人科学会2009年)〜(6)HPVテストを行う時期
  25. 子宮頸がん検査(米国産婦人科学会2009年)〜(7)子宮頸がん細胞診とHPV DNA同時検査
  26. 子宮頸がん検査(米国産婦人科学会2009年)〜(8)検査結果内容解説
  27. 子宮頸がん検査(米国産婦人科学会2009年)〜(9)推奨と結論
  28. 子宮筋腫における子宮肉腫の率
  29. 子宮肉腫(IV)日本の資料
  30. 子宮肉腫(V)UpToDate(米国民間有料医療情報提供機関)
  31. 胞状奇胎〜娩出後の管理
  32. インフルエンザワクチン〜チメロサールの問題
  33. 子宮頚部がん〜落とし穴(子宮頚部腺がん)
  34. 更年期障害〜ガバペンチンによる「のぼせ」の治療
  35. 更年期障害〜ガバペンチンによる「のぼせ」の治療(北米閉経学会)
  36. 乳がん〜検診方法と検診間隔(米国放射線医学会2010年)
  37. 子宮頸がん〜検出されるHPVタイプの分布(日本)
  38. 子宮頸がん検査〜日本も新しい検査方法の時代になります
  39. 子宮頸がん〜予防可能です(パピローマウイルスとの関係)
  40. 子宮頸がん〜予防ワクチンは、活発に性行為をする女性でも接種できますか?
  41. 子宮頸がんワクチン:25〜45歳への接種(初めての研究)
  42. 子宮頸がんワクチン:24〜45才への接種(II)
  43. パピローマウイルス感染〜50代女性の頻度
  44. パピローマウイルス感染率〜米国女性
  45. PET〜婦人科医療への採用
  46. 思春期女性〜骨密度
  47. 貴女が使っている薬〜バルトレックス
  48. 貴女が使っている薬〜コンベックス軟膏
  49. プレ更年期???〜診断は正確か?
  50. ホルモン療法〜北米閉経学会の声明2008年をもう一度考えましょう

Top

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400|婦人科資料1401〜1500|婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic