武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500|婦人科資料1501〜1600|婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(米国産婦人科学会2010年)(I)はじめに.1
  2. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(米国産婦人科学会2010年)(II)月経中の偏頭痛解消(ミシェル教授のコメントを含む)
  3. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(米国産婦人科学会2010年)(III)月経困難症の治療
  4. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(米国産婦人科学会2010年)(IV)月経周期移動
  5. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(米国産婦人科学会2010年)(V)過多月経の代替療法
  6. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(米国産婦人科学会2010年)(VI)月経前症候群と月経前不快気分障害
  7. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(米国産婦人科学会2010年)(VII)多毛症とニキビ
  8. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(米国産婦人科学会2010年)(VIII)がんのリスクを減少させるか
  9. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(米国産婦人科学会2010年)(IX)卵巣のう腫の予防と治療
  10. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(米国産婦人科学会2010年)(X)骨密度と骨折リスクへの影響
  11. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(米国産婦人科学会2010年)(XI)子宮筋腫への影響
  12. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(米国産婦人科学会2010年)(XII)まとめ
  13. 経口避妊薬〜継続使用(II)(ミシェル教授のコメント入り)
  14. 経口避妊薬〜継続使用(III)
  15. 乳がん〜不妊治療と妊娠は乳がんに悪影響を与えますか?(I)はじめに
  16. 乳がん〜不妊治療と妊娠は乳がんに悪影響を与えますか?(II)不妊女性の乳がんリスク
  17. 乳がん〜治療後の卵巣刺激の影響
  18. 乳がん〜乳がん治療後の妊娠の影響
  19. プレ更年期???(II)〜パニック障害との違いは?
  20. 不妊診療〜子宮卵管造影法(HSG)は絶対に必要か?
  21. 子宮頸がん〜HPVワクチンは34歳以上でも有効でしょうか?
  22. 子宮頸がん〜HPVワクチン(サーバリックス)接種を考えている方へ
  23. ホルモン療法の指針〜北米閉経学会2010年
  24. 骨そしょう症〜.北米閉経学会声明2010年
  25. 女性の健康管理(40〜65歳)どんな検査、ワクチンを何時受けるか?〜米国産婦人科学会の推奨2009年
  26. 早発卵巣不全〜(I)New England Jounal of Medicine 2009
  27. 早発卵巣不全〜(II)北米閉経学会声明2010年
  28. 早発卵巣不全〜(III)日本産婦人科学会2010年3月11日
  29. 子宮頸がん〜HPVワクチン(ガーダシル)15〜26歳(接種後4年の効果)
  30. 子宮頸がん〜HPVワクチンの有効性(42歳以上)
  31. 子宮頸がん〜HPVワクチン(サーバリックス)のHPV16、HPV18以外のHPV感染に対する有効性
  32. 子宮頸がん〜HPVワクチンの有用性(27歳以上)
  33. 子宮頸がん〜HPVワクチン接種の前にHPV検査は必要か
  34. 子宮頸がん〜HPVワクチン(この様な方に)接種できますか?)
  35. 子宮頸がん〜HPVワクチンの有効性(45才女性での推測)
  36. 子宮頸がん〜HPVワクチンQ&A(米国疾病管理センター2010年)(I)
  37. 子宮頸がん〜HPVワクチンQ&A(米国疾病管理センター2010年)(II)
  38. 子宮頸がん〜HPV感染は消滅するのでしょうか?
  39. 閉経周辺期〜絨毛性ゴナドトロピン上昇症例
  40. 経口避妊薬〜糖尿病の女性は使用できますか(米国産婦人科学会)
  41. 経口避妊薬〜副作用(精神的症状)
  42. 更年期医療〜日本での1例
  43. 思春期女性〜無月経と骨の健康
  44. 骨そしょう症予防〜小児期の重要性
  45. 骨そしょう症〜北米閉経学会声明2010年
  46. HPV感染予防ワクチン〜米国産婦人科学会患者さん教育用パンフレット
  47. HPV感染〜コンドームで防げますか?
  48. 子宮筋腫〜証拠に基く医療(カナダ産婦人科学会)
  49. 子宮筋腫〜集束超音波手術(II)
  50. 子宮筋腫:子宮動脈塞栓術(III)〜主に副作用

Top

  1. 月経片頭痛〜日本の資料
  2. 女性と頭痛
  3. 片頭痛〜トリプタン製剤の使い方
  4. 子宮頸がんの予防(I)〜子宮頸がんになるまで
  5. 子宮頸がんの予防(II)〜ワクチン
  6. 子宮頸がんの予防(III)〜子宮頸がん定期健診
  7. HPV感染予防ワクチン〜高齢者への接種は有効なのでしょうか?
  8. HPV感染予防ワクチン(国立がんセンター)
  9. HPV感染予防ワクチン〜現状報告(オーストラリア)2010年(I)HPVと子宮頸がん
  10. HPV感染予防ワクチン〜現状報告(オーストラリア)2010年(II)ワクチン接種候補者
  11. HPV感染予防ワクチン〜現状報告(オーストラリア)2010年(III)ワクチンの有効性
  12. HPV感染予防ワクチン〜現状報告(オーストラリア)2010年(IV)安全性&互換性
  13. 不妊診療〜子宮内膜ポリープは摘出すべきか?
  14. 不妊とプロラクチン〜正常値でも2桁なら治療が必要ですか
  15. 過多月経〜薬による治療方法(日本産婦人科学会2010年)
  16. 子宮頸がん〜性行為から子宮頸がんになるまでの時間と頻度(オ−ストラリア政府)
  17. 子宮頸がん検診〜何歳から、何歳まで、検査間隔(米国産婦人科学会2010年)
  18. 子宮頸がん検診〜何歳で始めて、何歳で終了するか?
  19. 子宮頸がん検診〜検査の間隔
  20. 子宮頸がん検診〜開始年齢、中止年齢、間隔(米国各団体の推奨)
  21. 子宮頸がん検診〜見落とし
  22. 子宮頸がん検診〜ASC-USの取り扱い方(米国産婦人科学会)
  23. 子宮頸がん検診〜ASC-US(日本の資料から)
  24. 子宮頸がん細胞診〜ASC-USの後は何を行うべきか?
  25. 子宮頸がん細胞診〜検査方法による精度の違い(検査後の出血は異常ではありません)
  26. 子宮頸がん検査〜細胞診とHPV検査併用(I)
  27. 子宮頸がん検査〜細胞診とHPV検査の正確度(米国産婦人科学会2008年)
  28. 子宮頸がん検査〜細胞診とHPV検査併用(II)日本でのデータ
  29. 子宮頸部がん検査〜細胞診とHPV検査併用(III)細胞診陰性+HPV陽性
  30. 子宮頸がん検診〜米国病理学会の推奨
  31. 子宮頸がん〜子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)の経過(米国産婦人科学会)
  32. 子宮頸部細胞診で子宮内膜細胞が見られた場合の意味
  33. 子宮頸がん〜液状化細胞診
  34. 子宮頸部腺がん〜検診の問題点
  35. 子宮頸部細胞診で子宮内膜細胞が見られた場合の意味
  36. 子宮頸管ポリープ(II)日本産婦人科学会
  37. 性感染症(STI)
  38. 子宮内膜症〜手術療法
  39. 子宮内膜症〜手術療法(日本産婦人科学会)
  40. 子宮内膜症〜手術療法(II)
  41. 子宮内膜症〜手術療法(最新の管理2010年)米国の資料から
  42. 子宮内膜症〜薬物療法(最新管理方針2010年)米国の資料から
  43. 子宮内膜症〜治療(日本産婦人科学会2010年)
  44. 性感染症のスクリーニング(セット検査)(日本産婦人科学会2010
    年)
  45. クラミジア感染症〜IgA抗体の意味(III)
  46. クラミジア子宮頸管炎〜診断と治療(日本産婦人科学会2010年)
  47. 性器ヘルペス〜診断と資料(日本産婦人科学会2010年)
  48. 淋菌感染症〜診断と治療(日本産婦人科学会2010年)
  49. 細菌性膣症〜診断と治療(日本産婦人科学会2010年)
  50. 更年期、閉経医療:北米閉経学会2007年(27)〜睡眠障害

Top

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500|婦人科資料1501〜1600|婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic