武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600|婦人科資料1601〜1700|婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. 卵胞ホルモン補充療法〜適切に行われているのでしょうか?
  2. 子宮頸がん検査〜HPV DNA 検査の意味(日本産婦人科学会2010年)
  3. 卵巣のう胞〜管理(日本産婦人科学会2010年)
  4. 月経周期の人工的移動〜(III)日本産婦人科学会2010年
  5. 閉経後骨そしょう症〜(I)予防(日本産婦人科学会2010年)
  6. 閉経後骨そしょう症〜(II)診断(日本産婦人科学会2010年)
  7. 閉経後骨そしょう症〜(III)治療(日本産婦人科学会2010年)
  8. 骨そしょう症〜診療の進め方2010年
  9. 骨そしょう症〜判り易く詳しい解説
  10. 骨そしょう症〜質問と答
  11. クロミフェン チャレンジ テスト(卵巣予備能力の検査)
  12. 過多月経〜トランサミンは有効で安全でしょうか?(I)
  13. 過多月経〜トランサミンは有効で安全でしょうか(II)
  14. ロボット補助手術
  15. 子宮内膜症〜新しい取り扱い規約(日本2010年)
  16. 出血性黄体嚢胞・卵巣出血の診断
  17. 梅毒〜診断と治療(日本産婦人科学会2010年)
  18. 尖圭コンジローマ〜診断と治療(日本産婦人科学会2010年)
  19. トリコモナス膣炎〜診断と治療(日本産婦人科学会2010年)
  20. カンジダ外陰膣炎〜診断と治療(日本産婦人科学会2010年)
  21. 子宮頸がん〜HPV感染予防ワクチン:接種候補者(日本産婦人科学会2010年)
  22. 子宮頸がん〜HPV 感染予防ワクチン接種の際の説明(日本産婦人科学会2010年)
  23. 子宮頸がん〜HPV感染予防 ワクチン:接種方法(日本産婦人科学会2010年)
  24. 更年期障害〜診断(日本産婦人科学会2010年)
  25. 更年期障害〜治療(日本産婦人科学会2010年)
  26. ホルモン補充療法〜副作用(日本産婦人科学会2010年)
  27. 女性心身症、不定愁訴〜治療(日本産婦人科学会2010年)
  28. 萎縮性腟炎〜治療(日本産婦人科学会2010年)
  29. 子宮腺筋症〜診断・治療(日本産婦人科学会2010年)
  30. 過多月経(原因不明)〜治療(日本産婦人科学会2010年)
  31. 無排卵性出血〜治療(日本産婦人科学会2010年)
  32. 機能性月経困難症〜治療(日本産婦人科学会2010年)
  33. 月経前症候群〜診断、管理(日本産婦人科学会2010年)
  34. 高プロラクチン血症〜診断(日本産婦人科学会2010年)
  35. 高プロラクチン血症〜治療(日本産婦人科学会2010年)
  36. 不妊診療〜行う検査(日本産婦人科学会2010年)
  37. 不妊診療:配偶者間の人工授精〜留意点(日本産婦人科学会2010年)
  38. 不妊診療:男性不妊の治療(日本産婦人科学会2010年)
  39. 不育症(日本産婦人科学会2010年)
  40. 子宮内避妊装置(日本産婦人科学会2010年)
  41. 性器脱〜外来管理(日本産婦人科学会2010年)
  42. 尿失禁〜診断(日本産婦人科学会2010年)
  43. 尿失禁〜治療(日本産婦人科学会2010年)
  44. 過活動膀胱〜外来管理(日本産婦人科学会2010年)
  45. 子宮筋腫〜手術を望まない方(日本産婦人科学会2010年)
  46. ホルモン補充療法〜アスピリン併用の利点はあるか?
  47. 子宮筋腫〜手術を希望しない方への対応(日本産婦人科学会2010年)
  48. 婦人科癌治療後の外来受診(日本産婦人科学会2010年)
  49. 子宮内膜がん〜どなたが細胞診を受けるのでしょうか?(日本産婦人科学会2010年)
  50. 経口避妊薬〜使用開始時の注意点(日本産婦人科学会2010年)

Top

  1. 抗ミューレリアンホルモン(AMH)〜卵巣機能の信頼できるマーカーでしょうか?
  2. 思春期シリーズ〜診察上の留意点(日本産婦人科学会2010年)
  3. 緊急避妊〜日本産婦人科学会(2010年)
  4. バルトリン腺のう胞〜取り扱い方法(日本産婦人科学会2010年)
  5. 不正出血〜診断の留意点(日本産婦人科学会2010年)
  6. 骨盤内炎症性疾患(PID)〜診断(日本産婦人科学会2010年)
  7. 骨盤内炎症性疾患(PID)〜治療(日本産婦人科学会2010年)
  8. 乳がん〜検診はどのように行うか?(日本産婦人科学会2010年)
  9. 不妊診療〜検査は何を行うか?(日本産婦人科学会2010年)
  10. 不妊診療〜治療(日本産婦人科学会2010年).
  11. 子宮頸がん〜自己採取は危険です
  12. 子宮頸がん検診〜HPVテストの役割
  13. 異所性妊娠(日本産婦人科学会2010年)
  14. CIN1、2(軽度、中等度異形成)の管理と治療(日本産婦人科学会2010年)
  15. 女性3大がん検診〜米国産婦人科学会の推奨
  16. 子宮内膜ポリープ(日本産婦人科学会2010年)
  17. ヒトパピローマウイルス感染(国立感染症研究所2010年)
  18. ヒトパピローマウイルス感染〜米国の有病率
  19. ターナー症候群〜日本産婦人科学会2010年
  20. 子宮内膜症〜検査と治療(NEJM2010年)
  21. 子宮内膜症〜(I)頻度、病因(米国産婦人科学会2010年)
  22. 子宮内膜症〜(II)症状と診断(米国産婦人科学会2010年)
  23. 子宮内膜症〜(III)不妊患者さんにおける手術の価値(米国産婦人科学会2010年)
  24. 子宮内膜症〜(IV)子宮内膜症に関連がある痛みのある女性と将来の妊孕性(米国産婦人科学会2010年)
  25. 子宮内膜症〜(V)痛みがあり、子宮内膜症がある女性で、将来、妊娠を希望する場合、どの様な薬物療法がありますか?(米国産婦人科学会2010年)
  26. 子宮内膜症〜(VI)GnRH作動薬療法時のアドバック療法の利点と欠点(米国産婦人科学会2010年)
  27. 子宮内膜症〜(VII)アロマターゼ抑制剤
  28. 子宮内膜症〜(VIII)痛みがあり、将来妊娠を希望する女性に対する手術療法(米国産婦人科学会2010年)
  29. 子宮内膜症〜(IX)将来妊娠を希望する女性の子宮内膜腫(米国産婦人科学会2010年)
  30. 子宮内膜症〜(X)手術療法前後の抑制療法(米国産婦人科学会2010年)
  31. 子宮内膜症〜(XI)偶然見つけた無症状の子宮内膜症をどうするか?(米国産婦人科学会2010年)
  32. 子宮内膜症〜(XII)生殖臓器以外の子宮内膜症(米国産婦人科学会2010年)
  33. 子宮内膜症〜(XIII)将来妊娠を希望しない女性で、保存的薬物療法や手術療法が不成功の場合(米国産婦人科学会2010年)
  34. 子宮内膜症〜(XIV)子宮摘出術と卵巣摘出術後も症状は再発しますか(米国産婦人科学会2010年)
  35. 子宮内膜症〜(XV)子宮内膜症に関連がある痛みの根治手術を行った後のホルモン療法(米国産婦人科学会2010年)
  36. 子宮内膜症〜(XVI)推奨の要約と結論(米国産婦人科学会2010年)
  37. 子宮内膜症〜推奨される治療(日本産婦人科学会医会2008年)
  38. 子宮内膜症〜日本の資料(2010年)(I)
  39. 子宮内膜症〜日本の資料(2010年)(II)
  40. 子宮内膜症〜ディナゲストは薬物療法の第一選択で良いのか?
  41. 子宮内膜症〜日本の専門家の講演から
  42. 更年期障害〜どんな場合にホルモン療法をおこなうか
  43. 多のう胞性卵巣症候群と不妊〜メトフォルミンの有用性(佐藤孝道氏の講義2010年)
  44. ホルモン避妊剤〜肥満女性の問題点
  45. 不妊診療〜基礎体温測定(日本産婦人科学会2010年)
  46. 不妊診療〜ホルモンの検査(日本産婦人科学会2010年)
  47. 不妊診療〜卵管の検査(日本産婦人科学会2010年)
  48. 不妊診療〜診療の進め方(日本産婦人科学会2010年)
  49. 不妊診療〜排卵誘発と副作用(日本産婦人科学会2010年)
  50. 子宮頸がんワクチン〜ガーダシル対サーバリックス(I)どの様にワクチンは作られたのですか?

Top

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600|婦人科資料1601〜1700|婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic