武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000|婦人科資料2001〜2100|婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. HPVワクチン〜ガーダシル(製品説明)
  2. 早発卵巣機能不全
  3. 早発閉経(V)日本の資料
  4. フォサマック〜休薬″drug holiday″(II)
  5. 女性の健康〜定期検診と予防接種(I)13−18才(米国産婦人科学会2011年)
  6. 女性の健康〜定期検診と予防接種(II)19−39才(米国産婦人科学会2011年)
  7. 女性の健康〜定期検診と予防接種(III)40−64才(米国産婦人科学会2011年)
  8. 女性の健康〜定期検診と予防接種(IV)65才以上(米国産婦人科学会2011年)
  9. 女性の健康〜定期検診と予防接種(V)危険因子のある女性(米国産婦人科学会2011年)
  10. 閉経周辺期〜定期健診と予防接種(米国産婦人科学会2011年)
  11. クラミジア感染症と淋菌感染症〜迅速パートナー治療(米国産婦人科学会2011年)
  12. ホルモン補充療法〜利点とリスク
  13. ホルモン補充療法〜現時点で判っている利点とリスク
  14. ホルモン補充療法〜リスクを最小にする方法(I)はじめに(エストロゲンの利点、WHI試験の分析)
  15. ホルモン補充療法〜リスクを最小にする方法(II)閉経に何が起こるのでしょうか?
  16. ホルモン補充療法〜リスクを最小にする方法(III)ホルモン療法の利点
  17. ホルモン補充療法〜リスクを最小にする方法(IV)リスクと利点に影響する因子
  18. ホルモン補充療法〜リスクを最小にする方法(V)心臓血管系疾患、認知症、アルツハイマー病、死亡率
  19. ホルモン補充療法〜リスクを最小にする方法(VI)まとめと将来の展望
  20. ビスフォスフォネート〜大腿骨非定型骨折(IV)
  21. ビスフォスフォネート〜大腿骨非定型骨折(V)カナダの研究
  22. 骨そしょう症〜高齢者大腿骨骨折後の死亡率(I)
  23. 骨そしょう症〜高齢者大腿骨骨折後の死亡率(II)
  24. フォサマック〜休薬″drug holiday″(II)
  25. 不妊診療〜原因、検査、治療2011年
  26. 不妊診療〜妊娠率2011年
  27. HPVワクチン〜ガーダシル 対 サーバリックス(II)
  28. HPVワクチン〜2回接種の有効性(II)
  29. 貴女が使っている薬〜ロキソニン
  30. ヤーズ(YAZ)〜避妊効果
  31. ヤーズ(YAZ)〜避妊効果(II)
  32. 有用性の証拠が乏しい高価薬剤使用に問題はないのか?
    (1)子宮筋腫に対するGnRH拮抗薬(ナサニール、リュープリン、スプレキュアー、ゾラデックス)
    (2)チョコレートのう胞に対するディナゲス
  33. 経口避妊薬〜同意書
  34. 更年期症状
  35. 月経困難症〜原因と治療
  36. 貴女が使用している薬〜ヤーズ(YAZ)
  37. 貴女が使用している薬〜ポンタール
  38. 早発卵巣機能不全(II)
  39. 原発性卵巣機能不全(思春期)〜米国産婦人科学会2011年(I)原因、診断、治療
  40. 原発性卵巣機能不全(思春期)〜米国産婦人科学会2011年(II)骨の健康、心臓血管系疾患、内分泌異常、精神的影響、長期的支援
  41. 原発性卵巣機能不全〜Nelsonの論文(I)検査
  42. 原発性卵巣機能不全〜Nelsonの論文(II)
  43. 経口避妊薬〜片頭痛がある方
  44. 経口避妊薬〜飲み忘れた時(III)
  45. 男児も11〜12才でガーダシル接種を(米国ACIPの勧告)
  46. HPVワクチン〜ガーダシルとサーバリックスの比較(I)子宮頸がん予防効果
  47. 子宮頸がん予防ワクチンに2種類あり、幾つかの違いがあることを知っていますか?
  48. 閉経後ホルモン補充療法〜経皮製剤 vs 内服製剤(I)
  49. 閉経後ホルモン補充療法〜経皮製剤 vs 内服製剤(II)
  50. 更年期障害(のぼせと発汗)〜漢方薬(佐藤孝道氏)

Top

  1. 更年期障害(のぼせと発汗)〜漢方薬(佐藤孝道氏)(2)
  2. 月経前不快気分障害〜漢方薬(佐藤孝道氏)(1)
  3. 月経前不快気分障害〜漢方薬(佐藤孝道氏)(2)
  4. 子宮筋腫が原因の月経過多症の治療〜ミレーナ(子宮内避妊装置)
  5. 月経過多症の治療〜トランサミン(新製剤)の有用性
  6. 緊急避妊法〜Dr.Yazawa2011
  7. 閉経ホルモン療法〜より安全なホルモン療法(北米閉経学会会長の講義2011年)(1)2002年の重要な報告、そして新たな出発
  8. 閉経ホルモン療法〜より安全なホルモン療法(北米閉経学会会長の講義2011年)(2)閉経症状(のぼせ、発汗)の治療原則[1]
  9. 閉経ホルモン療法〜より安全なホルモン療法(北米閉経学会会長の講義2011年)(2)閉経症状(のぼせ、発汗)の治療原則[2]
  10. ホルモン療法と乳がん〜WHI試験の追跡観察
  11. ホルモン療法〜心臓病との関連
  12. 経口避妊薬〜種類と目的
  13. 子宮頸がん〜2種類のHPVワクチンの違い(専門家のコメント)
  14. HPVワクチン〜肛門がん予防
  15. HPVワクチン〜子宮頸がん検診回数を減少させられる可能性があります
  16. HPVワクチン〜英国のHPVワクチンプログラムはガーダシルに変更
  17. 子宮摘出術〜卵巣を残すか?摘出するか?(IV)
  18. 子宮摘出術〜卵巣を残すか?摘出するか?(V)
  19. 子宮摘出術〜卵巣を残すか?摘出するか?(VI)
  20. 萎縮性膣炎の治療
  21. 骨そしょう症〜理想的な管理2011年(1)
  22. 子宮頸部がん〜どの様に発症するのでしょうか?
  23. 閉経後ホルモン療法〜理想的な管理2011年(1)
  24. 閉経後ホルモン療法〜理想的な管理2011年(2)
  25. ヤーズ(YAZ)〜月経時片頭痛に有効
  26. 尖圭コンジローマ(V)
  27. ホルモン療法〜安全性を再考
  28. HPV(ヒトパピローマウィルス)感染について、知っておきたいこと(米国疾病管理センター)
  29. 骨そしょう症〜骨密度測定方法
  30. 骨そしょう症〜Silent killer
  31. ヒトパピローマウイルス(HPV)〜詳しい情報2011年(川名敬氏)(1)HPVって何ですか?
  32. ヒトパピローマウイルス(HPV)〜詳しい情報2011年(川名敬氏)(2)尖圭コンジローマ
  33. ヒトパピローマウイルス(HPV)〜詳しい情報2011年(川名敬氏)(3)2つのHPVワクチン
  34. ヒトパピローマウイルス(HPV)〜詳しい情報2011年(川名敬氏)(4)HPVワクチンの有効性(子宮頸がん予防効果以外)、今後の問題
  35. ガーダシルの利点〜尖圭コンジローマと若年性呼吸器乳頭症予防
  36. 子宮頸がん〜易しい資料
  37. ホルモン検査〜女性ホルモン使用後、何時検査をすれば良いでしょうか?
  38. 閉経後ホルモン療法〜タイミング仮説
  39. 多のう胞性卵巣症候群〜問題点(第3回欧州不妊学会―米国生殖医療学会2011年)
  40. 胞状奇胎〜診断が難しい胞状奇胎
  41. 骨そしょう症〜治療2012年
  42. 貴女が使用している薬〜エディロール
  43. 貴女が使用している薬〜アルファロール
  44. 尖圭コンジローマ〜経過観察(無治療)の可否
  45. 薬物乱用頭痛(II)〜頭痛薬を毎日飲んでも治まらない頭痛
  46. 貴女が使っている薬〜ルナベル
  47. ホルモン補充療法〜乳がんリスクを増加させない方法
  48. HPVワクチン〜今までの臨床試験
  49. HPVワクチンの有効性と安全性に関する疑問
  50. 子宮頸部がん〜どの様に発症するのでしょうか?

Top

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000|婦人科資料2001〜2100|婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic