武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600|婦人科資料2601〜2700|婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. *胆嚢疾患〜閉経医療(北米閉経学会)
  2. 閉経ホルモン療法〜禁忌
  3. *骨そしょう症〜Silent killer
  4. *閉経ホルモン療法〜医師は何をすべきか?(米国生殖医療学会推奨2014年)(1)
  5. *閉経ホルモン療法〜医師は何をすべきか?(米国生殖医療学会推奨2014年)(2)
  6. *閉経ホルモン療法〜医師は何をすべきか?(米国生殖医療学会推奨2014年)(3)
  7. *閉経ホルモン療法〜医師は何をすべきか?(北米閉経学会2014年)(4)
  8. 経口避妊薬〜一相性対三相性
  9. イソフラボン〜有効性と安全性
  10. *外陰腟カンジダ症〜自己診断の問題点
  11. 骨そしょう症デノスマブによる治療の留意点(UpToDate)
  12. *閉経ホルモン療法〜血管運動神経症状(2014年)
  13. *外陰疾患(佐藤孝道先生)
  14. 骨そしょう症〜診断・治療・予防の現在と将来
  15. *早発卵巣不全(思春期と若い女性)米国産婦人科学会2014年
  16. *経口避妊薬使用に関する医療適格基準(米国疾病管理センター2012年)
  17. *体重調節の重要性(米国産婦人科学会2013年)
  18. *健康な食事(米国産婦人科学会2013年)
  19. *コレステロールと貴女の健康(米国産婦人科学会2013年)
  20. *糖尿病と女性(米国産婦人科学会2011年)
  21. *貴女のがんリスクを減少させる(米国産婦人科学会2013年)
  22. 機能性出血
  23. *慢性月経過多又は無排卵性出血(UpToDate)
  24. *多量又は遷延する子宮出血の治療(UpToDate)
  25. *排卵障害による異常子宮出血(米国産婦人科学会2013年)
  26. 経口避妊薬〜家族歴による血栓症スクリーニング
  27. 手術周辺期の女性ホルモン使用
  28. 精神的症状〜女性ホルモン療法の役割(各種学会の姿勢)
  29. 骨そしょう症〜プラリア使用とカルシウム検査
  30. 経口避妊薬〜使用前に知っておきたい事
  31. *肥満女性〜避妊、緊急避妊
  32. 緊急避妊〜ウリプリスタル
  33. 経口避妊薬〜血栓症とは?
  34. *ミレーナ〜避妊以外の効果(ミシェル教授)(II)過多月経の治療
  35. *ミレーナ〜避妊以外の効果(ミシェル教授)(III)子宮筋腫
  36. *ミレーナ〜避妊以外の効果(ミシェル教授)(IV)子宮内膜症
  37. *ミレーナ〜避妊以外の効果(ミシェル教授)(V)原因不明過多月経の薬物療法
  38. *ミレーナ〜避妊以外の効果(ミシェル教授)(VI)子宮内膜蒸散術との比較
  39. ミレーナ〜がんのリスク(フィンランドの研究)
  40. 過剰体重と肥満女性の緊急避妊〜欧州医薬品局
  41. *経口避妊薬〜脂質異常症
  42. *ヤーズ使用後の無月経
  43. *閉経周辺期女性ホルモン療法(松先生講義2014年)
  44. 閉経後ホルモン療法〜胆嚢疾患
  45. 経口避妊薬〜体重の違いと避妊失敗
  46. *閉経の管理〜カナダ産婦人科学会臨床ガイドライン2014年
  47. 骨そしょう症〜カナダ産婦人科学会ガイドライン2014年
  48. おりものの臭いが気になる方(細菌性腟症)〜米国疾病管理センターガイドライン2010年
  49. *ホルモン療法〜気分障害に対する効果
  50. 月経前症候群と月経前不快気分障害の治療〜サプリメントの有効性(米国産婦人科学会、UpToDate)
  51. *妊娠中と妊娠後のうつ病スクリーニング(米国産婦人科学会2012年)
  52. *経口避妊薬と静脈血栓塞栓症〜カナダ産婦人科学会会告(2013年)まとめ
  53. *ホルモン避妊と静脈血栓塞栓症〜カナダ産婦人科学会会告2013年
  54. *ヤーズと血栓症〜カナダ、米国、欧州の医師に対する推奨
  55. *ヤーズ〜新聞報道の重要性
  56. *女性の尿失禁〜非手術的治療ガイドライン(米国内科医学会2014年)
  57. *閉経の診断(Speroffの教科書)
  58. *閉経の診断(UpTpDate)
  59. *閉経移行期〜避妊のタイミング
  60. 工事中
  61. *不妊診療〜妊娠し易い日(米国産婦人科学会、米国生殖医療学会)
  62. *不妊診療〜クロミッド+人工授精(UpToDate2014年)
  63. 月経関連疾患(月経困難症、月経前不快気分障害、過多月経、子宮内膜症)の対応
  64. ホルモン製剤を安全に使用するために〜経口避妊薬、女性ホルモン療法の適切な使用法
  65. 深部静脈血栓症肺塞栓症〜適切な対処法(診断)
  66. 経口避妊薬〜静脈血栓塞栓症とは?(患者さん用)
  67. 経口避妊薬〜血栓症
  68. 経口避妊薬と血栓症(処方時の問題点)
  69. 外陰腟カンジダ症〜CDC治療ガイドライン2010年
  70. カンジダ腟炎(佐藤孝道氏)
  71. 貴女が使っている薬〜ジフルカン
  72. 排卵の予知〜LHサージ(UpToDate)
  73. クロミッド使用〜米国生殖医療学会委員会見解2013年
  74. クロミッド〜UpToDate(米国民間有料医療情報提供機関)
  75. 経口避妊薬〜卵巣がん予防を目的とした使用(矢沢珪二郎氏)
  76. WHI試験〜まとめ
  77. 深部静脈血栓症〜リスクと診断(オーストラリア家庭医学会雑誌)
  78. 経口避妊薬と静脈血栓塞栓症(日本産婦人科医会報2014年)
  79. 閉経における骨そしょう症〜カナダ産婦人科学会推奨2014年要約(カナダ産婦人科学会ガイドライン2014年)
  80. 閉経における骨そしょう症〜ビスフォスフォネート療法休暇(drug holidays)(カナダ産婦人科学会ガイドライン2014年)
  81. 閉経における骨そしょう症〜診断と管理(カナダ産婦人科学会2014年)
  82. 閉経における骨そしょう症〜カルシウムとビタミンD(カナダ産婦人科学会2014年)
  83. 閉経における骨そしょう症〜女性ホルモン療法、SERM(カナダ産婦人科学会2014年)
  84. 閉経における骨そしょう症〜女性ホルモン療法、SERM(カナダ産婦人科学会2014年)
  85. 閉経における骨そしょう症〜ビスフォスフォネート①フォサマック(カナダ産婦人科学会推奨2014年)
  86. 閉経における骨そしょう症〜デノスマブ、薬物療法の進歩(カナダ産婦人科学会2014年)
  87. 閉経における骨そしょう症〜その他の薬剤(カナダ産婦人科学会推奨2014年)
  88. 閉経における骨そしょう症〜禁忌とまとめ(カナダ産婦人科学会推奨2014年)
  89. 更年期障害〜漢方療法(I)佐藤孝道氏
  90. 更年期障害〜漢方療法(II)
  91. 子宮頸がん対策〜WHOガイド第2版
  92. 経口避妊薬〜一相性 vs 三相性
  93. 経口避妊薬〜避妊以外の効果
  94. ホルモン補充療法〜静脈血栓塞栓症(英国産婦人科学会2010年)
  95. 骨そしょう症〜治療薬の選択
  96. ビビアント(III)
  97. 婦人科手技に伴う抗生剤予防使用〜(I)はじめに(米国産婦人科学会2014年)
  98. 婦人科手技に伴う抗生剤予防使用〜(II)子宮卵管造影、卵管通色素検査、子宮内生食水注入超音波検査、子宮鏡手術、IUD挿入、子宮内膜生検(米国産婦人科学会2014年)
  99. 婦人科手技に伴う抗生剤予防使用〜(III)推奨と結論(米国産婦人科学会2014年)
  100. 経口避妊薬〜静脈血栓塞栓症(英国産婦人科学会2010年)

Top

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600|婦人科資料2601〜2700|婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic