武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700|婦人科資料2701〜2800|婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. ホルモン補充療法〜静脈血栓塞栓症(英国産婦人科学会)
  2. 女性のホルモン療法〜思春期から閉経後(日本の座談会)
  3. 更年期障害〜日本産婦人科学会2015年
  4. 経口避妊薬〜静脈血栓塞栓症(カナダ産婦人科学会会告)(高松 潔氏の講義)
  5. 経口避妊薬〜静脈血栓塞栓症(INAS‐OC)(高松 潔氏講義2014年)
  6. 経口避妊薬〜静脈血栓塞栓症(経口避妊薬の利点)(高松 潔氏講義)
  7. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(松 潔氏講義2014年)(I)
  8. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(松 潔氏講義2014年)(II)
  9. HPVワクチン〜ガーダシル 9
  10. 経口避妊薬〜前兆を伴う片頭痛がある場合の使用
  11. 片頭痛がある女性の経口避妊薬とホルモン補充療法使用〜関連する虚血性脳卒中のリスクに関する推奨(国際頭痛学会2000年)
  12. 閉経症状〜安全な管理手順(北米閉経学会2015年)
  13. ホルモン療法の安全性〜WHI試験(使用者 vs 非使用者)
  14. 閉経症状管理〜ホルモン療法/非ホルモン療法決定手順(北米閉経学会2015年)
  15. 経口避妊薬〜静脈血栓塞栓症(英国産婦人科学会2014年)(I)
  16. 経口避妊薬〜静脈血栓塞栓症(英国産婦人科学会2014年)(II)
  17. 経口避妊薬〜避妊以外の利点(多毛症とニキビの治療)
  18. 卵巣予備能
  19. 卵管摘出術〜卵巣がん予防(米国産婦人科学会2015年)
  20. 経口避妊薬〜利点がリスクを上回る(欧州医薬品庁2014年)
  21. タイミング仮説〜閉経ホルモン療法開始時期と心臓血管疾患リスク(UpToDate)
  22. 遺伝性乳癌卵巣癌(HBOC症候群)
  23. リンチ症候群(米国産婦人科学会2014年)(I)
  24. リンチ症候群〜米国産婦人科学会2014年(II)考察と推奨
    ①子宮内膜癌又は結腸癌の既往歴のある女性にリンチ症候群の検査をどの様に行うべきか?
  25. リンチ症候群〜米国産婦人科学会2014年(II)考察と推奨
    ②リンチ症候群の遺伝性癌リスク検査を癌の無いどの女性に提案すべきか?遺伝リスク検査内容
  26. リンチ症候群〜米国産婦人科学会2014年(II)考察と推奨
    ③特別な遺伝検査
  27. リンチ症候群〜米国産婦人科学会2014年(II)考察と推奨
    ④子宮内膜癌と卵巣癌リスク減少法
  28. リンチ症候群〜米国産婦人科学会2014年(II)考察と推奨
    ⑤リスク減少手術を何歳で、どの様に行うべきか?
  29. リンチ症候群〜米国産婦人科学会2014年(III)推奨の要約
  30. 骨そしょう症〜ビスフォスフォネート療法は、5年間で全例使用中止すべきか?
    (I)米国産婦人科学会2014年&カナダ産婦人科学会2014年
  31. 骨そしょう症〜ビスフォスフォネート療法は5年間で全例使用中止すべきか?
    (II)(UpToDate)
  32. 骨そしょう症〜ビスフォスフォネート療法は5年間で全例使用中止すべきか?
    (III)北米閉経学会2014年
  33. 骨そしょう症〜診断(米国産婦人科学会、カナダ産婦人科学会、北米閉経学会)
  34. ビタミンD〜不足とその影響(UpToDate)
  35. 骨そしょう症〜薬剤の選択肢(米国産婦人科学会2014年)
  36. 骨そしょう症〜薬剤の選択肢(カナダ産婦人科学会2014年)
  37. 骨そしょう症〜治療薬の選択肢(日本2012年)
  38. 骨そしょう症〜ビスフォスフォネート(フォサマック)と逆流性食道炎
  39. パキシルは妊娠が判明してから中止するのが良いのか?(佐藤孝道氏2015年)
  40. 閉経ホルモン療法〜禁忌と副作用(北米閉経学会2014年)
  41. 閉経ホルモン療法〜開始時期(北米閉経学会2014年)
  42. 閉経ホルモン療法〜利点とリスクの比較、治療の中止、治療中の検査(北米閉経学会2014年)
  43. 閉経移行期の内分泌学的特徴の臨床的意味〜LOOPを含む
  44. 乳癌〜婦人科的問題の管理(米国産婦人科学会2012年)(I)背景、補助薬物療法と卵巣機能、婦人科手術、癌治療と性機能、ホルモン療法(エストロゲン作動薬とエストロゲン拮抗薬、アロマターゼ阻害薬)
  45. 乳癌〜婦人科的問題の管理2012年(米国産婦人科学会)(II)臨床的考察と推奨①骨粗しょう症、血管運動神経症状治療
  46. 乳癌〜婦人科的問題の管理(米国産婦人科学会2012年)(II)臨床的考察と推奨②膣萎縮、子宮検査
  47. 乳癌〜婦人科的問題の管理(米国産婦人科学会2012年)(II)臨床的考察と推奨③避妊、将来の妊孕性
  48. 乳癌〜婦人科的問題の管理(米国産婦人科学会2012年)(III)推奨の要約と結論
  49. 子宮内膜ポリープ
  50. 閉経後子宮出血
  51. BRCA 1とBRCA 2変異(米国産婦人科学会患者さん教育用資料から)
  52. 骨そしょう症〜薬剤の選択(UpToDate)
  53. 骨そしょう症〜閉経前女性の診断と治療(UpToDate)
  54. 骨そしょう症〜カルシウムとビタミンD摂取(UpToDate)
  55. 骨そしょう症〜カルシウム補充と心臓血管疾患
  56. 遺伝性乳癌卵巣癌症候群(日本HBOCコンソーシアム)
  57. 妊娠し易い時期〜佐藤孝道氏
  58. ホルモン療法〜ファクトシート(米国産婦人科学会2015年)
  59. 経口避妊薬〜静脈血栓塞栓症発生率
  60. 緊急避妊〜使用出来ない方は居ますか?
  61. アセトアミノフェン〜使用注意(矢沢珪二郎氏)
  62. 毎年の健康管理受診(米国産婦人科学会2014年)〜中年移行期(閉経周辺期から閉経)
  63. 経口避妊薬〜乳癌との関連
  64. 経口避妊薬と乳癌(有志臨床懇話会2015年4月11日)
  65. 経口避妊薬と静脈血栓塞栓症〜新しい世代の方が高率
  66. 経口避妊薬と静脈血栓塞栓症〜最近の研究(Vinogradovaらの研究)に対する論評
  67. エストロゲン療法〜タイミング仮説(矢沢珪二郎氏)
  68. 更年期後のエストロゲン使用〜健康状態にどの様に影響するか?(矢沢珪二郎氏)
  69. 更年期後ホルモン療法〜米国の使用状況(矢沢珪二郎氏)
  70. 避妊〜肥満女性
  71. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2015年)
  72. 多のう胞性卵巣症候群〜長期間続発症(英国産婦人科学会2014年)
  73. 子宮の奇形〜(I)分類、頻度、産科合併症(UpToDate)
  74. 子宮の奇形〜(II)原因、臨床症状、診断(UpToDate)
  75. 子宮の奇形〜(III)要約と推奨(UpToDate)
  76. マンモグラフィー検診〜米国予防医療サービス対策委員会2015年
  77. 骨そしょう症〜ビスフォスフォネート利点とリスク
  78. 乳癌検診〜米国の各医学団体2014年
  79. 淋菌感染症とクラミジア感染症〜迅速パートナー治療(米国産婦人科学会2015年)
  80. 淋菌感染とクラミジア感染〜迅速パートナー治療の使用薬剤と使用方法
  81. クラミジア感染症〜治癒判定試験
  82. クラミジア感染症〜CDC治療ガイドライン2015年
  83. 細菌性腟症〜治療(CDCガイドライン2015年)
  84. 細菌性腟症〜妊娠中の治療(CDCガイドライン2015年)
  85. コレステロールと女性の心臓血管の健康(米国産婦人科学会2014年)
  86. 閉経ホルモン療法〜スタチン使用者に安全か?
  87. 閉経症状管理〜米国産婦人科学会2014年
  88. 全身ホルモン療法(65歳以上)〜北米閉経学会2015年
  89. 卵巣予備能検査〜矢沢珪二郎氏(I)
  90. 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)〜常用は排卵を劇的に減少させる
  91. 閉経移行期のホルモン変動〜LOOP
  92. 閉経の臨床症状と診断(UpToDate)
  93. 子宮頸がん細胞診で子宮内膜細胞が見付かった時の取り扱い(米国産婦人科学会2014年)
  94. 子宮頸部癌検診(米国産婦人科学会)(I)背景(自然史、細胞診方法)
  95. 子宮頸部癌検診(米国産婦人科学会)(II)パピローマウイルス検査とワクチン
  96. 子宮頸部癌検診(米国産婦人科学会)(III)臨床的考察と推奨〜①検診を何歳から開始するか?何の検査を行うか?
  97. 子宮頸部癌検診(米国産婦人科学会)(IV)臨床的考察と推奨〜②検診間隔
  98. 子宮頸部癌検診(米国産婦人科学会)(V)臨床的考察と推奨〜③何歳まで続けるか?子宮全摘出術後の細胞診検診を続行すべきか?
  99. 子宮頸部癌検診(米国産婦人科学会)(VI)臨床的考察と推奨④HPV試験併用
  100. 子宮頸部癌検診(米国産婦人科学会)(VII)臨床的考察と推奨〜⑤HPVワクチン接種後に検診法を変えるか (自動保存済み)

Top

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700|婦人科資料2701〜2800|婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic