武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000|婦人科資料3001〜3100|婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. 閉経周辺期のホルモン療法〜プロゲスチン追加選択肢(UpToDate)
  2. 膀胱炎〜治療の候補者
  3. サルコペニア
  4. 経口避妊薬使用中の出血
  5. 異常子宮出血〜薬物療法(UpToDate2016年)
  6. 排卵障害による異常子宮出血
  7. 子宮内避妊器具〜脱出、糸が見えない、位置異常、パートナーが糸を感じる
  8. 子宮内避妊器具(IUDs)〜位置異常
  9. 子宮内避妊器具(IUDs)〜糸が見えない
  10. 子宮内避妊器具(IUDs)〜性交相手が糸を感じる
  11. 子宮内避妊器具(IUDs)〜脱出
  12. 子宮内避妊器具(IUDs)〜避妊効果の比較(銅付加IUD vs ミレーナ)
  13. 子宮内避妊器具(IUDs)〜子宮筋腫がある場合
  14. 急性異常子宮出血の薬物療法〜非妊娠(生殖年齢女性)(米国産婦人科学会2015年)
  15. 異常子宮出血〜①原因、検査(The Johns Hopkins Manual of Gynecology and Obstetrics)
  16. 異常子宮出血〜②検査(The Johns Hopkins Manual of Gynecology and Obstetrics)
  17. 異常子宮出血〜③治療(The Johns Hopkins Manual of Gynecology and Obstetrics)
  18. 外陰部と膣の管理〜中田真木先生(Lactacydについて)
  19. 月経周期の移動方法
  20. 骨そしょう症〜骨吸収抑制薬関連顎骨壊死に関する会告2016年
  21. チョコレートのう胞〜経口避妊薬使用で卵巣癌への悪性化を減少出来るか?
  22. 閉経周辺期の避妊(北米閉経学会2014年)
  23. 経口避妊薬〜禁忌(Johns Hopkins Manual)
  24. 閉経周辺期のホルモン動態〜hCGを含む(北米閉経学会)
  25. 子宮内膜症〜癌・心臓血管疾患との関連(UpToDate)
  26. 子宮頸がん〜何故浸潤がんで見つかるのか?スクリーニング検査の落とし穴(佐藤孝道先生)
  27. 子宮平滑筋腫と子宮肉腫の鑑別(UpToDate)
  28. カルシウム・サプリメント〜心臓血管疾患との関連(米国骨粗鬆症財団と米国心臓病予防学会ガイドライン2016年)
  29. 経口避妊薬〜片頭痛がある場合
  30. 附属器腫瘤〜検査と管理(米国産婦人科学会2016年)①鑑別診断、悪性の危険因子、検査(問診、一般検査、画像検査、腫瘍マーカー多変量解析)
  31. 卵巣のう胞内容物吸引が適切な時〜米国産婦人科学会2016年 4/25/2017
  32. チョコレートのう胞、皮様のう胞の管理〜米国産婦人科学会推奨2016年 4/25/2017
  33. 附属器腫瘤検査と管理(米国産婦人科学会2016年)臨床的考察と推奨〜推奨の要約と結論
  34. 甲状腺機能低下症〜生殖機能異常
  35. 閉経周辺期ホルモン療法〜周術期の管理
  36. 月経前症候群の管理(英国産婦人科学会2016年)①推奨の要約◎
  37. 月経前症候群の管理(英国産婦人科学会2016年)②治療〜ホルモン療法(1)経口避妊薬
  38. 月経前症候群の管理(英国産婦人科学会2016年)②治療〜ホルモン療法(2)経皮エストラジオール使用と子宮内膜防禦
  39. 月経前症候群の管理(英国産婦人科学会2016年)②治療ホルモン療法〜(3)ダナゾール、GnRHアナログ
  40. 月経前症候群の管理(英国産婦人科学会2016年)②治療〜非ホルモン療法(1)SSRIs
  41. 月経前症候群の管理(英国産婦人科学会2016年)②治療〜非ホルモン療法(2)利尿剤、手術、ホルモン補充療法、その他
  42. 月経前症候群〜定義と分類(英国産婦人科学会2016年)
  43. 月経前症候群の管理(英国産婦人科学会2016年)〜科学的根拠のレベルと推奨の程度
  44. 月経前症候群の管理(英国産婦人科学会2016年)〜分類と治療
  45. 月経前症候群の治療〜ビタミンB6(英国月経前症候群協会ガイドライン)
  46. 子宮頸癌〜スクリーニングと予防(米国産婦人科学会2016年)
    (1)背景、子宮頸癌自然史
  47. 子宮頸癌〜スクリーニングと予防(米国産婦人科学会2016年)
    (2)子宮頸癌細胞診スクリーニング方法
  48. 子宮頸癌〜スクリーニングと予防(米国産婦人科学会2016年)
    (3)併用検査(細胞診とHPV検査)
  49. 子宮頸癌〜スクリーニングと予防(米国産婦人科学会2016年)
    (4)子宮頸癌予防における有益な効果とリスクのバランス
  50. 子宮頸癌〜スクリーニングと予防(米国産婦人科学会2016年)
    (5)臨床的考察と推奨①スクリーニングを何時開始すべきか?スクリーニングでどんな検査を行うべきか?
  51. 子宮頸癌〜スクリーニングと予防(米国産婦人科学会2016年)
    (6)臨床的考察と推奨②21歳から29歳の女性に対する子宮頸癌細胞診の適切な間隔、30歳から65歳の女性に対する子宮頸癌細胞診の適切な間隔、スクリーニングを中止する最適な年齢
  52. 子宮頸癌〜スクリーニングと予防(米国産婦人科学会2016年)
    (7)臨床的考察と推奨③子宮全摘出術を受けた女性に対するスクリーニング中止は何時が最適か?子宮頸癌スクリーニング目的のHPV検査単独の役割は何か?
  53. 子宮頸癌〜スクリーニングと予防(米国産婦人科学会2016年)
    (8)臨床的考察と推奨④細胞診結果ASC-USでHPV検査陽性の管理、併用検査で細胞診陰性HPV検査陽性の管理
  54. 子宮頸癌〜スクリーニングと予防(米国産婦人科学会2016年)
    (9)臨床的考察と推奨⑤HPVワクチン接種で子宮頸癌スクリーニング施行はどの様に変化すべきか?特別な集団に対し代替の子宮頸癌スクリーニング方法が勧められるか?
  55. 子宮頸癌〜スクリーニングと予防(米国産婦人科学会2016年)
    (10)推奨の要約と結論
  56. 乳癌検診〜検査方法
  57. アロマターゼ阻害薬による排卵誘発(米国産婦人科学会2016年)
  58. 妊娠中の甲状腺疾患(米国産婦人科学会2015年)
  59. 高度又は遷延する子宮出血の管理(UpToDate2016年)
  60. 排卵障害による異常子宮出血の管理〜治療(米国産婦人科学会2015年)
  61. 排卵障害による異常子宮出血の管理(米国産婦人科学会2015年)
  62. 経口避妊薬に対する新しい見方(2017年)
  63. プロゲスチン単独ピル避妊目的
  64. GnRHアナログ〜子宮筋腫の治療
  65. 異常子宮出血の薬物療法(排卵障害)
  66. 子宮頸癌検診を何歳まで続けるべきか?(米国産婦人科学会2016年)
  67. 毎年の健康管理受診〜40-64歳(米国産婦人科学会)
  68. 毎年の健康管理受診〜65歳以上(米国産婦人科学会)
  69. 骨そしょう症〜よくある質問(米国産婦人科学会2013年)
  70. 安全な避妊法〜片頭痛のある女性
  71. 閉経前女性の骨量減少〜どの様に対応すべきか?
  72. 高齢者の骨密度維持に必要な乳製品とビタミンD補充
  73. 外陰部痛(Vulvodynia)〜米国産婦人科学会(患者さん教育用パンフレット2017年)
  74. 持続する外陰痛〜治療、要約と推奨(米国産婦人科学会2016年)
  75. 外陰痛(佐藤孝道氏)(自習用、非公開)
  76. 外陰痛〜三環系抗うつ剤(米国産婦人科学会2016年)
  77. 多のう胞性卵巣症候群〜診断基準
  78. 経口避妊薬〜幾つかの癌を予防する
  79. 機能性視床下部性無月経〜米国内分泌学会ガイドライン2017年
  80. 機能性視床下部性無月経ガイドライン〜米国内分泌学会2017年(概略)
  81. 機能性視床下部性無月経〜(I)診断と治療(治療方法と骨そしょう症を含む)
    (米国内分泌学会ガイドライン2017年)5/14/2017
  82. 機能性視床下部性無月経〜治療(II)妊娠を希望する場合
    (米国内分泌学会ガイドライン2017年) 5/16/2017
  83. 手術が必要な子宮附属器腫瘤〜第1回国際コンセンサス報告 5/3/2017
  84. 原発性卵巣機能不全〜
    ホルモン療法(I)推奨と結論(米国産婦人科学会委員会見解2017年)
  85. 原発性卵巣機能不全〜
    ホルモン療法(II)原因、診断、続発症(米国産婦人科学会委員会見解2017年)
  86. 原発性卵巣機能不全〜
    ホルモン療法(III)症状と続発症(米国産婦人科学会委員会見解2017年)
  87. 原発性卵巣機能不全〜
    ホルモン療法(IV)ホルモン療法選択肢(米国産婦人科学会委員会見解2017年)
  88. 骨盤内腫瘤〜概要(米国産婦人科学会臨床大会2017年)5/21/1017
  89. 骨そしょう症治療〜
    (I)危険因子、診断、薬物療法、薬物療法の有益な効果、
    薬物療法の有害性(米国内科学会ガイドライン2017年)
  90. 骨そしょう症治療〜
    (II)監視、薬物療法期間、推奨(米国内科学会ガイドライン2017年)
  91. 女性アスリート三主徴〜
    要約と治療(米国産婦人科学会委員会見解2017年)6/6/2017
  92. 経口避妊薬使用基準〜頭痛 6/6/2017
  93. 子宮内膜ポリープ〜(1)診断と管理(米国婦人科腹腔鏡学会ガイドライン)6/9/2017
  94. 子宮内膜ポリープ〜(2)診断(米国婦人科腹腔鏡学会ガイドライン) 6/14/2017
  95. 子宮内膜ポリープ〜(3)管理(米国婦人科腹腔鏡学会ガイドライン) 6/15/2017
  96. 閉経〜(1)カウンセリングの進め方
    (女性の健康管理ガイドライン米国産婦人科学会2014年) 6/17/2017
  97. 閉経〜(2)ホルモン療法の有益効果、リスク、禁忌
    (女性の健康管理ガイドライン〜米国産婦人科学会2014年)6/17/2017
  98. 閉経〜(3)非ホルモン療法
    (女性の健康管理ガイドライン米国産婦人科学会2014年)6/17/2017
  99. 経口避妊薬〜(1)使用開始前検査、定期的検査、何歳まで避妊するか?
    (女性の健康管理ガイドライン米国産婦人科学会2014年) 2017/6/1
  100. 経口避妊薬〜(2)経口避妊薬
    (女性の健康管理ガイドライン米国産婦人科学会2014年)

Top

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000|婦人科資料3001〜3100|婦人科資料3101〜3200婦人科資料3201〜3300婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic