武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

婦人科資料婦人科資料

武久レディースクリニックでは皆様が知りたいと思う資料を多数そろえております。
診療を受けられた方にはe-mailでの情報提供、ご質問に対する回答も行っております。
以下にe-mailでお送りする準備が出来ている資料をご案内させて頂きます。
今後も随時、皆様のお役に立つ資料を増やしていく予定です。

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。
御読み頂きたい資料に*をつけました。

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200|婦人科資料3201〜3300|婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
  1. 経口避妊薬中止後の無月経(UpToDate 2018年)  1/21/2018
  2. Hooglandスコア  1/21/2018
  3. チョコレートのう胞〜高次医療機関へ紹介するタイミング(日本の専門家の意見)  1/23/2018
  4. チョコレートのう胞〜悪性の可能性に対する対応(米国産婦人科学会,UpToDate2018年) 2/12/2018
  5. チョコレートのう胞〜延長型経口避妊薬(ヤーズ・フレックス)によるサイズの変化 1/23/2018
  6. 経口避妊薬〜避妊以外の有益な効果とリスク(カナダ産婦人科学会ガイドライン2017年)  1/26/2017
  7. 経口避妊薬〜神話と誤った認識(カナダ産婦人科学会ガイドライン2017年)  1/26/2017
  8. 経口避妊薬〜持続使用又は延長使用(カナダ産婦人科学会ガイドライン2017年)  2/4/2018
  9. 経口避妊薬〜持続使用と延長使用(米国産婦人科学会)  2/4/2018
  10. ヤーズフレックス処方時の説明の9つのポイント  1/30/2018
  11. 性器ヘルペス〜CDC 性感染症治療ガイドライン2015年  2/2/2018
  12. 性器ヘルペス(国立感染症研究所) 1/30/2018
  13. 性器ヘルペスウイルス感染症(東京都感染症情報センター)  1/30/2018
  14. プラノバール〜使用案内(あすか製薬)  2/14/2018
  15. プラセンタ療法は更年期障害に対するホルモン療法の代用とならない(日本産婦人科学会ホルモン補充療法ガイドライン2017年度版) 5/30/2018
  16. 卵巣腫瘤〜腫瘍マーカー(米国産婦人科学会2016年)  2/7/2018
  17. 注射剤のアナフィラキシーについて提言(医療安全調査機構) 2/21/2018
  18. アナフィラキシー〜治療の実際 2/14/2018
  19. アナフィラキシー反応〜初期対応(日本アレルギー学会ガイドライン)  2/14/2018
  20. 乳癌術後と婦人科の問題〜米国産婦人科学会の貴重な情報(是非、御読み下さい) 2/20/2018
  21. タモキシフェンと子宮癌(米国産婦人科学会委員会見解) 2/20/2018
  22. 乳癌治療薬(タモキシフェン)と子宮癌(UpToDate)〜(I)はじめに、病態生理学(作用機序、子宮内膜と月経に対する効果)
  23. 乳癌治療薬(タモキシフェン)と子宮癌(UpToDate)〜(II)臨床症状と検査[異常子宮出血(検査)(病歴,閉経状態決定)]  3/16/2018
  24. 乳癌治療薬(タモキシフェン)と子宮癌(UpToDate)〜(III)臨床症状と検査[異常子宮出血(検査)[骨盤内超音波検査と子宮内膜検体採取、骨盤内超音波検査における偶発的所見]  3/18/2018
  25. 乳癌治療薬(タモキシフェン)と子宮癌(UpToDate)〜(IV)リスクと子宮の病状の管理[(i)子宮内膜ポリープ,(ii)子宮内膜増殖症](工事中)
  26. 乳癌治療薬(タモキシフェン)と子宮癌(UpToDate)〜(V)リスクと子宮の病状の管理[(iii)子宮内膜癌](工事中)
  27. 乳癌治療薬(タモキシフェン)と子宮癌(UpToDate)〜(VI)リスクと子宮の病状管理[(iv)子宮肉腫と子宮癌肉腫](工事中)
  28. 乳癌治療薬(タモキシフェン)と子宮癌(UpToDate)〜(VII)管理の問題(工事中)
  29. 乳癌治療薬(タモキシフェン)と子宮癌(UpToDate)〜(VIII)要約と推奨(工事中)
  30. 閉経後性器尿路症候群(GSM)〜中田真木先生① 3/18/2018
  31. 閉経後性器尿路症候群(GSM)〜中田真木先生②  3/19/2018
  32. 下着が臭う原因は「尿漏れ」ではなく「尿の拭き残し」〜中田真木先生  3/9/2018
  33. 閉経後のフェミニンゾーンの不具合について(中田真木先生)  3/13/2018
  34. 外陰部と膣の手入れ〜中田真木先生  3/14/2018
  35. タモキシフェンと子宮癌(米国産婦人科学会委員会見解2014年)  3/15/2018
  36. 子宮筋腫と子宮肉腫の鑑別(UpToDate)
  37. 子宮肉腫〜分類、臨床症状、診断(UpToDate2018年)
  38. 子宮筋腫と子宮肉腫の鑑別(UpToDate)
  39. 子宮筋腫の自然史
  40. マイコプラズマとウレアプラズマ(佐藤孝道氏)
  41. カルシウム摂取量〜何が正しいのか?(I)日本医師会
  42. カルシウム摂取量〜何が正しいのか?(II)日本厚労省
  43. カルシウム摂取量〜何が正しいのか?〜(III)骨粗鬆症財団
  44. カルシウム摂取量〜何が正しいのか?(IV)日本の専門家の意見
  45. カルシウム摂取量〜何が正しいのか?(V)米国産婦人科学会,カナダ産婦人科学会
  46. カルシウム摂取量〜何が正しいのか?(VI)日本の業界
  47. カルシウム摂取量〜何が正しいのか?(VII)ある研究者
  48. 骨そしょう症〜診断基準(日本と米国産婦人科学会)
  49. 骨の健康〜(I)米国内科医師会ガイドライン2017年
  50. 骨の健康〜(II)ホルモン療法中止後,骨折は増加せず(WHI最新データ2017年)
  51. 骨の健康〜(III)骨折リスク調査スコアに関する新しい研究
  52. 骨の健康〜(IV)質問と答(OBG Management)
  53. 骨折を防ぐための骨粗鬆症又は骨量減少の治療(米国内科医師会ガイドライン2017年)
  54. (工事中)
  55. (工事中)
  56. 性器ヘルペス〜抗原抗体検査,前駆症状(佐藤孝道氏)
  57. 性器ヘルペス(再発抑制療法)〜CDC(米国疾病予防管理センター)性感染症治療ガイドライン2015年
  58. 閉経周辺期ホルモン療法〜うつ病予防に有用か? 4/15/2018
  59. 子宮頸癌の事実 4/6/2018
  60. 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症(Williams’ Gynecology 2016年) 4/25/2018
  61. 機能性視床下部性無月経(佐藤孝道氏) 5/6/2018
  62. 視床下部性・下垂体無月経 5/5/2018
  63. 閉経ホルモン療法〜脂質代謝 4/27/2018
  64. 経口避妊薬〜脂質代謝  4/27/2017
  65. 子宮筋腫と閉経ホルモン療法 4/28/2018
  66. プロラクチン〜妊娠、分娩前後の変動 4/30/2018
  67. 低骨量と骨粗鬆症に対する薬物療法の証拠の要約(米国内科医師会ガイドライン2018年)〜(I)はじめに 4/30/2018
  68. 低骨量と骨粗鬆症に対する薬物療法の証拠の要約(米国内科医師会ガイドライン2017年)〜(II)薬物療法に関する証拠の要約(表) 5/1/2018
  69. 低骨量と骨粗鬆症に対する薬物療法の証拠の要約(米国内科医師会ガイドライン2017年)〜(III)治療効果比較 5/2/2018
  70. 低骨量と骨粗鬆症に対する薬物療法の証拠の要約(米国内科医師会ガイドライン2017年)〜(IV)薬物療法の有害性 5/3/2018
  71. 低骨量と骨粗鬆症に対する薬物療法の証拠の要約(米国内科医師会ガイドライン2017年) 〜(V)経過監視方法,治療期間,推奨,その他 5/4/2018
  72. 卵巣摘出術後の更年期障害 5/9/2018
  73. 閉経と糖尿病:北米閉経学会診療ガイドライン第5版〜(I)閉経と糖代謝 5/20/2018
  74. 閉経と糖尿病:北米閉経学会診療ガイドライン第5版〜(II)ブドウ糖代謝と付随的に起こる糖尿病に対するホルモン療法の影響 5/20/2018
  75. 女性患者にみる無症状顕微鏡的血尿の意義(Dr.Yazawa) 5/20/2018
  76. 閉経周辺期ホルモン療法〜高中性脂肪血症 5/22/2018
  77. ビスフォスフォネート休薬期間中の骨折リスク 5/26/2018
  78. ビスフォスフォネート休薬〜米国骨代謝学会2016年 5/26/2018
  79. 閉経ホルモン療法〜禁忌と不良事象(北米閉経学会臨床ガイド2014年) 5/28/2018
  80. 閉経ホルモン療法〜禁忌と注意(北米閉経学会医療ガイド2014年) 5/29/2018
  81. 閉経ホルモン療法〜慎重投与例解説(UpToDateから) 6/6/2018
  82. 閉経ホルモン療法〜禁忌、慎重投与(日本産婦人科学会ホルモン補充療法ガイドライン2017年)  6/6/2018
  83. 高中性脂肪血症とホルモン療法 6/6/2018
  84. カンジダ外陰膣炎の内服療法〜フルコナゾール(商品名:ジフルカン) 6/6/2018
  85. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2018年)〜(1)頻度と診断6/15/2018
  86. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2018年)〜(2)原因,症状,鑑別診断 6/15/2018
  87. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2018年)〜(3)2型糖尿病発症リスク 6/15/2018
  88. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2018年)〜(4)長期的影響(心血管系の病気) 6/15/2018
  89. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2018年)〜(5)妊娠を希望しない場合の管理(月経障害の最良の治療) 6/15/2018
  90. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2018年)〜(6)妊娠を希望しない場合(心血管系の病気と糖尿病の予防) 6/17 2018
  91. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2009年)〜(7)妊娠を希望する場合(排卵誘発の方法) 6/17 2018
  92. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2018年)〜(8)多毛症に有効な薬 6/17 2018
  93. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2018年)〜(9)多毛症(併用補助療法) 6/17 2018
  94. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2018年)〜(10)まとめ(推奨の推奨と結論) 6/17 2018
  95. 多のう胞性卵巣症候群(米国産婦人科学会2018年)〜(11)脚注と表 6/17/2018
  96. 多のう胞性卵巣症候群〜診断を受けた女性の負担(矢沢珪二郎氏)6/22/2018
  97. 多のう胞性卵巣症候群〜診断の混乱(有害性と有益な効果) 6/24/2018
  98. 多のう胞性卵巣症候群〜多のう胞性卵巣があれば、多のう胞性卵巣症候群か?(UpToDate)6/23/2018
  99. 多のう胞性卵巣症候群〜要約と推奨(米国産婦人科学会2018年)矢沢珪二郎氏 6/23/2018
  100. 多のう胞性卵巣症候群〜診断アルゴリズム(思春期女性)①多のう胞性卵巣症候群を疑わせる徴候と症状がある場合の最初の検査(UpToDate2018年) 7/10/2018

Top

婦人科資料1〜100婦人科資料101〜200婦人科資料201〜300婦人科資料301〜400婦人科資料401〜500婦人科資料501〜600婦人科資料601〜700婦人科資料701〜800婦人科資料801〜900婦人科資料901〜1000婦人科資料1001〜1100婦人科資料1101〜1200婦人科資料1201〜1300婦人科資料1301〜1400婦人科資料1401〜1500婦人科資料1501〜1600婦人科資料1601〜1700婦人科資料1701〜1800婦人科資料1801〜1900婦人科資料1901〜2000婦人科資料2001〜2100婦人科資料2101〜2200婦人科資料2201〜2300婦人科資料2301〜2400婦人科資料2401〜2500婦人科資料2501〜2600婦人科資料2601〜2700婦人科資料2701〜2800婦人科資料2801〜2900婦人科資料2901〜3000婦人科資料3001〜3100婦人科資料3101〜3200|婦人科資料3201〜3300|婦人科資料3301〜3400婦人科資料3401〜3500
Copyright Takehisa Ladies' Clinic