武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

女性健康ニュース女性健康ニュース

主に北米の産婦人科のニュースを紹介するコーナーを作りました。新しい有益な情報をご紹介します。
只今、紹介しているニュースは以下になります。ご希望の方は、ご来院の際お知らせした、院長のe-mailアドレスに請求なさってください。

※内容の閲覧をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。

|女性健康ニュース1〜100|女性健康ニュース101〜200女性健康ニュース201〜300女性健康ニュース301〜400女性健康ニュース401〜500女性健康ニュース501〜600女性健康ニュース601〜700
  1. 分娩予定日を7日間遅れたら誘発分娩
  2. 赤ちゃんの動き(胎動)が少なくなると分娩時期が近いのか?
  3. 更年期女性に避妊の問題は複雑です
  4. 閉経前の夜間の発汗は骨そしょう症の黄色信号
  5. ビタミンDは太陽からではなくクスリで
  6. ビタミンDは1日に700IU以上摂取
  7. 多のう胞性卵巣症候群(PCOS)の神話の正体
  8. 不妊症:患者さんが認識しておく事
  9. 歯槽膿漏(しそうのうろう)と流産、早産
  10. 不妊症:どの時点から専門医が担当すべきか?
  11. 妊娠中のはしか
  12. 妊娠中絶直後の子宮内避妊用リング挿入244例
  13. 年に1回の注射で骨粗しょう症の治療をする
  14. 年に1回の注射で骨折が減らせる(骨粗しょう症の治療)
  15. ホルモン補充療法の安全性(卵巣ガン)
  16. ホルモン療法と乳ガン:米国閉経学会会長の講演
  17. 月経前不快気分障害(PMDD)の新しい治療方法
  18. 月経前不快気分障害(PMDD):何故受診しないのでしょうか?
  19. 子宮筋腫:子宮摘出術は過去の芸術でしょうか?
  20. 早発閉経:診断は慎重に
  21. ホルモン補充療法:ミシェル教授の講義資料(I)(絆創膏製剤)
  22. 卵胞ホルモン補充療法:ミッシェル教授の講義(II):WHIの研究
  23. 卵胞ホルモン補充療法:ミシェル教授の講義(III):歴史的変遷
  24. 卵胞ホルモン補充療法:ミシェル教授の講義(IV):乳ガンとの関連
  25. 卵胞ホルモン補充療法:ミシェル教授の講義(V):子宮内膜ガン
  26. 卵胞ホルモン補充療法:ミシェル教授の講義(VI):心臓や血管の病気
  27. 卵胞ホルモン補充療法:ミシェル教授の講義(VII):血栓症
  28. 卵胞ホルモン補充療法:ミシェル教授の講義(VIII):脳卒中
  29. 卵胞ホルモン補充療法:ミシェル教授の講義(IX):骨粗しょう症
  30. 卵胞ホルモン補充療法:ミシェル教授の講義(X):利点&欠点とまとめ
  31. 帝王切開後の分娩間隔
  32. 骨盤位外回転術(逆子を医師が手で治す方法):成功の5因子
  33. つわりの治療:ジンジャーカプセル
  34. クロミッド:3、900周期の妊娠率
  35. 妊娠初期の卵巣のう腫の頻度
  36. 卵巣のう腫米国産婦人科学会2007年:CA125を何時測定するか?
  37. 卵巣のう腫米国産婦人科学会2007年:妊娠中の管理
  38. 卵巣のう腫米国産婦人科学会2007年:閉経後の管理
  39. 多のう胞性卵巣症候群の診断:貴女はどれが当てはまりますか?
  40. 全員検査が望ましい病気:米国産婦人科学会の勧告(1)胎児染色体異常診断検査
  41. 全員検査が望ましい病気:米国産婦人科学会の勧告:(2)クラミジア感染症
  42. 全員検査が望ましい病気:米国産婦人科学会の勧告:(3)妊婦さんのうつ病
  43. 全員検査が望ましい病気:米国産婦人科学会の勧告:(4)大腸ガン、直腸がん
  44. 妊娠糖尿病の診断:100gブドウ糖負荷試験の方が75gブドウ糖負荷試験より優れている
  45. 妊娠中の腎結石は早産と関係がある
  46. 乳ガン術後のタモキシフェン療法中ののぼせ:クスリが効いている証拠!
  47. 医学的理由のない帝王切開の弊害:カナダ医師会雑誌から
  48. 脳梗塞のリスク、大豆食品で低減・厚労省研究班調査
  49. 高齢者の著しいビタミンD欠乏に単回大量投与が有効
  50. 卵胞ホルモン補充療法:徐々に中止すべきか?急に中止しても良いか?

Top

  1. 閉経前後女性では卵胞ホルモン単独療法が心疾患リスクを減らす
  2. 骨粗しょう症:骨折し易い方
  3. ヒトパピローマウイルス(HPV)感染:10代女性の18%
  4. HPVワクチン使用開始から3年後、子宮頚管の精密検査が減少しました
  5. 歯周病と妊娠:米国家庭医学会2008年
  6. 妊娠初期の副腎皮質ホルモン使用
  7. 帝王切開の増加は単胎早産児分娩を増加させます
  8. 中高年女性と運動に関する2つの話題
  9. 女性と睡眠不足
  10. 重い便秘に有効な新薬
  11. モンスターハズバンド
  12. 大うつ病の長期予後
  13. 緑色野菜
  14. 産科超音波の正確度〜超音波専門医が行った場合
  15. 妊娠と歯の喪失
  16. 骨粗しょう症による大腿骨頚部骨折が米国で急減、ビスホスホネート剤の影響か?
  17. タバコの危険性
  18. 骨そしょう症予防と治療に関する新指針:全米骨粗鬆症財団
  19. 男性骨そしょう症のスクリーニングの新指針
  20. ダイエットの一方法
  21. 更年期女性ののぼせと物忘れ
  22. アルツハイマー病を早期の早期診断方法
  23. 体外受精の成功予知方法
  24. 流産後の妊娠
  25. 70歳以降の性生活
  26. 糖尿病の方の食後2時間の血糖値は140mgdl以下に
  27. 不妊症の新しい定義(米国生殖医学会)
  28. 乳がん自己検診の限界
  29. 静脈瘤の予防
  30. 女性の高血圧は放置されている例が多い
  31. 検査結果の意味をインターネットで知る事が出来る
  32. トランス脂肪酸は有害です
  33. 月経前症候群や月経前不快気分障害の治療:選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRIs)が有効
  34. 何才まで活発に性生活を送っているのでしょうか(米国の調査2007年)
  35. 出産後の職場復帰の問題点
  36. 高齢者の転倒予防指導は有効です
  37. 米国の避妊相談外来
  38. 乳がんの再発(5年後、10年後)
  39. 長期使用型経口避妊薬
  40. にきびの治療に対する費用(親の考え)
  41. 経口避妊薬を使用すると子宮頚部がんは増加するのでしょうか?
  42. 閉経後数年経ってからのホルモン療法で閉経後症状は改善します
  43. ビタミンD不足で死亡率は26%増加します
  44. 産褥うつ病 簡単な診断方法
  45. 米国女性の25%は骨盤底障害
  46. 若い方の乳がん:早期の場合は再発率が低い
  47. 米国CDCが子宮頚部がんワクチンの安全性を確認
  48. 閉経後のホルモン補充療法:日本の指針(2009年)
  49. ホルモン補充療法と乳がん(日本の研究)
  50. 産科出血多量の治療に新兵器
|女性健康ニュース1〜100|女性健康ニュース101〜200女性健康ニュース201〜300女性健康ニュース301〜400女性健康ニュース401〜500女性健康ニュース501〜600女性健康ニュース601〜700
Copyright Takehisa Ladies' Clinic