武久レディースクリニック お電話:043-204-5126

若い女性と子宮がんシリーズ若い女性と子宮がんシリーズ

※資料をご希望の方へ
診療を受けられた方には下記資料のご提供を行っております。
ご希望の資料名をお教え致しました私のe-mailアドレスに請求なさってください。その際に貴女のe-mailアドレスもお知らせください。e-mailの返信にてお送りさせて頂きます。

  1. 米国産婦人科学会:10代女性の婦人科相談キット2009年〜ヒトパピローマウイルス(HPV)
  2. HPV感染から子宮頚部がん発症まで
  3. ヒトパピローマウイルス(HPV感染の診断)
  4. 子宮頚部がんの診断
  5. 子宮頚部がんは20才代で増加しています
  6. 10代女性に対する子宮頚部がん定期検査は有益か?(英国の研究)
  7. 子宮頚部がん検診〜初めての性行為から3年経ったら受けましょう
  8. 子宮頚部がんワクチン
  9. 子宮頚部がんは性行為と関係があります
  10. 子宮頚部がんとパピローマウイルス
  11. 子宮頚部がんの原因
  12. 子宮頚部がんワクチン(I)どういうワクチンですか?
  13. 子宮頚部がんワクチン(II)成分、接種方法
  14. 子宮頚部がんワクチン(III)有効性と安全性
  15. 子宮頚部がんワクチン(IV)接種方法
  16. 子宮頸がん〜原因(HPV)
  17. 子宮頸がん〜予防(検診)
  18. 子宮頸がん〜予防(ワクチン)
  19. 子宮頸がん〜ワクチン(サーバリックス)(1)子宮頸がんを予防できます
  20. 子宮頸がん〜ワクチン(サーバリックス)(2)有効性
  21. 子宮頸がん〜ワクチン(サーバリックス)(3)副作用
  22. 子宮頸がん〜ワクチン(サーバリックス)(4)接種方法
  23. 子宮頸がん〜ワクチン(サーバリックス)(5)有効性獲得と持続
  24. 子宮頸がん〜ワクチン(サーバリックス)(6)まとめ
  25. 子宮頸がん、パピローマウイルス、異常細胞
  26. HPV陰性女性の子宮頸部扁平上皮異型性は2年以内に解消します
  27. HPVワクチン接種〜多発性硬化症、脱髄疾患のリスクは関連しない
  28. HPVワクチン〜接種で危険な性行動は増加せず
Copyright Takehisa Ladies' Clinic